新型BMW 118d発売│最新の直列4気筒クリーンディーゼルエンジン搭載

BMW

BMWの最もコンパクトなモデルであり、軽快な走行性能と高い機能性を備えた新型BMW 1シリーズのラインアップに、環境性能の高いクリーン・ディーゼル・エンジンを搭載し新型BMW 1シリーズの中でも最も高い燃費性能を誇る「新型BMW 118dが追加された。

新型BMW 1シリーズは、キドニー・グリルやヘッドライトに最新のデザインコンセプトを採用し、低重心を強調するリヤ・デザインに個性的なL字型テール・ライトをアクセントに装備するなど、先代モデルからデザインを一新して2019年に発売されたモデルである。日本初導入となるタイヤスリップ・コントロール・システム(ARB)の採用や、前輪駆動方式採用による広い室内空間、リバース・アシスト等の運転支援機能を今回発売される新型BMW 118dは、先代モデル比でCO2排出量を約5%削減し、燃料消費率16.7km/L(WLTC)を実現する、新開発2.0リッター 直列4気筒クリーンディーゼルエンジンを搭載している。



軽快でスポーティな走行を実現するガソリンモデルに対し、新型BMW 118dは、最高出力150PS(110kW)/4,000rpm、最大トルク350Nm/1,750rpm-2,500rpmを発揮する力強い走りと、高い環境性能を備えているのも魅力だ。

デザイン面でも、スタイリッシュでスポーティに一新された新型BMW 1シリーズをベースに、パワフルなディーゼル・エンジンを象徴するに相応しく、リア左右に、径90mmのエキゾースト・テールパイプを装備。

燃料を燃焼室内に供給するインジェクション・システムには、ニードル・センサー(NSC)が備わったソレノイド・バルブ・インジェクターを採用することで、より正確なタイミングで必要量を噴射することを可能にしている。さらに、最大燃料噴射圧力が従来比約200bar増加した2200barまで高めたことで、燃料をより細かく微粒化し、燃焼効率を高め排気ガス残量物を減らし、よりクリーンな燃焼が可能となった。そして、高品質尿素水(AdBlue)を活用し排気ガスを無害な窒素と水に分解する、SCRシステムも最新型を搭載し、環境性能を高める貢献を果たしている。

価格(税込)は、BMW 118d Play Edition Joy+ 385万円、BMW 118d M Sport Edition Joy+ 423万円、BMW 118d Play 413万円、BMW 118d M Sport 451万円となっている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事