1000万円以下で手に入るメルセデス・ベンツ新型GLC クーペにPHEVモデルが登場

Mercedes-benz

メルセデス・ベンツは、「四輪駆動の日」(4月4日)を記念し、メルセデス・ベンツのプレミアムミドルサイズSUV「新型GLC クーペ」に、EQ POWER(プラグインハイブリッド)の四輪駆動モデル「GLC 350 e 4MATIC クーペ」を発表した。

GLCクーペは、クーペとしてのスタイリッシュなフォルムとSUVらしい存在感を両立させたSUVクーペである。メルセデス・ベンツのベストセラーモデル「Cクラス」と同等の安全・快適装備を備えるとともに、プレミアムミドルサイズSUV「GLC」と同等の走行性能、利便性を実現している。



2019年10月に発表した新型GLCクーペは、プレミアムミドルサイズSUVとしての特性はそのままに、内外装デザインを一新し、対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」と最新の安全運転支援システムを標準装備し、生まれ変わったのだ。

今回登場した「GLC 350 e 4MATIC クーペ」は、最高出力211ps(155kW)、最大トルク350 N・mを発生する2.0リッター直列4気筒ターボエンジンに、最新世代のプラグインハイブリッドシステムを採用した。先代よりリチウムイオンバッテリーの蓄電容量がアップしたことで、モーターアシストが向上し、システム総合の最高出力は320ps(235kW)、最大トルクが700N・mとなった。時速130kmまではモーターのみでの走行が可能で、電気自動車のように使用することも可能。また、電気モーターのみで走行可能な航続距離は45.2kmを達成している。

加えて、6.0kW(30A)対応の交流普通充電器本体を無償提供するほか、設置にかかる費用負担を軽減するため10万円のサポートも実施している。これからのカーライフに加えるに相応しい一台であろう。価格は922万円(税込)。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事