様々なスタイルとカスタムが可能!│注目 ランドローバー 新型ディフェンダー受注開始

Jaguar Land Rover

ジャガー・ランドローバ―は、新型ディフェンダーの受注を2020年4月9日(木)より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて開始する。新型ディフェンダーは、ランドローバーのアイコニックなモデルを21世紀仕様に刷新したモデルで、ひと目でディフェンダーとわかる初代の特徴的なシルエットを継承しつつ、高い走破性に加えてスマートかつ高機能な装備を搭載し、安全性も充実した、唯一無二のモデルである。

これまで2種類の先行予約モデル「DEFENDER LAUNCH EDITION」と「DEFENDER STARTUP EDITION」を発表してきたが、大変好評であることを受け、国内向けに5種類の「CURATED SPEC」(90 ファブリックシート仕様、90 レザーシート仕様、110 ファブリックシート&5人シート仕様、110 ファブリックシート&7人シート仕様、110 レザーシート&7 人シート仕様)も展開される。



軽量アルミニウムのモノコック構造で全く新しいアーキテクチャー「D7x」を採用しており、ランドローバー史上最も頑丈なボディ構造となっている。従来のラダーフレーム構造と比較して3倍のねじり剛性を確保し、軽量化も実現した。

ランドローバー伝統のフルタイム4輪駆動(AWD)を採用し、砂地や草地、雪道などの厳しい路面でも前後輪のトルク配分が調整されている。最大渡河水深は900mmとなっており、路面状況に応じて最適なサスペンション、トランスミッション、トラクションなどの車両設定を自動制御するテレイン・レスポンス2には、7種類のモード(コンフォート、芝生・グラベル・雪、泥地、砂地、エコ、ロック、ウェイド)があり、オンロードとオフロードの両方で卓越した走行性能を発揮。ランドローバー初の機能、コンフィギュラブル・テレイン・レスポンスで、用途や好みにあわせてドライバー自身がテレイン・レスポンスの設定をカスタマイズすることも可能である。



エンジンには、2.0リッター直列4気筒 INGENIUM ガソリンエンジン(最高出力 221kW/300ps・最大トルク 400Nm)を搭載。これは、ジャガー・ランドローバーの他のモデルでも高い実績を誇るエンジンで、スタートストップや回生エネルギーの再利用など、最新テクノロジーをフルに採用している。

さらに、最新インフォテインメント・システム「Pivi Pro」をジャガー・ランドローバーで初めて採用した。次世代タッチスクリーンは、より直観的かつユーザーフレンドリーで、使用頻度の高いタスクを簡単に操作できるなど、ほぼ瞬時に応答する。音声での操作も充実している上、「Pivi Pro」がインターネットに常時接続することで多種多様なオンラインサービスを車
内で楽しむことができるのだ。AI がドライバーの好みのルートを学習し、ドライバーに合わせたルート案内をすることも可能とのこと。



ボディタイプは「90(ナインティ)」と「110(ワンテン)」を用意した。「DEFENDER 90」は3ドアの5人乗り、「DEFENDER 110」は5ドアの5人乗り、もしくは3列目を追加して 5+2 シートにすることができる。グレード展開はスタンダードモデルの「S」、「SE」、「HSE」のほか、製造開始から1年間限定の「FIRST EDITION」を用意している。

ランドローバー史上最も多様なパーソナライゼーションが可能で、170種類にもおよぶ豊富なアクセサリーから、目的や好みに合わせて装備を選べるのも大きな魅力だ。同時に、特徴のある厳選したオプションや機能を盛り込んだ4種類のアクセサリーパック(「EXPLORER PACK」、「ADVENTURE PACK」、「COUNTRY PACK」、「URBAN PACK」)も用意している。


自身のライフスタイルや好みに合った一台を作りあげていただきたい。

DEFENDER 90
DEFENDER 499万円
DEFENDER S 582万円
DEFENDER SE 648万円
DEFENDER HSE 730万円
DEFENDER FIRST EDITION 739万円

DEFENDER 110
DEFENDER 589万円
DEFENDER S 663万円
DEFENDER SE 732万円
DEFENDER HSE 812万円
DEFENDER FIRST EDITION 820万円

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事