生産終了を迎えるベントレー・ミュルザンヌ│製造に携わったエンジニアとデザイナー

Bentley motors

ベントレーのフラッグシップモデルとして約10年の歳月を経たミュルザンヌは間もなく生産を終了し、新型フライングスパーにその役割を譲る。

ミュルザンヌの生産はこの4月に終了する予定だったが、COVID-19による危機的状況が終息した後、ベントレーの従業員がクルー工場に戻ってから最後の車両を手作業で生産できるようにするため、生産期間を延長した。ミュルザンヌは、最初期の手描きスケッチから最終的な生産終了まで、設計、製造、開発が行われたクルーにおいて徹底的に手作りされている。1台1台、実に400時間以上もの間、極めて優れたスキルや細部へのこだわりが必要とされる「ミュルザンヌ メーカーズ」と呼ばれる製造に携わる人たちの手を経て、7300台以上のミュルザンヌが送り出されてきた。



ミュルザンヌ メーカーズには、ミュルザンヌを象徴するあらゆるスキルが求められており、伝統的な技能や素材を使用した車の開発、販売することに関して他に類を見ないほど熱心に取り組み、ラグジュアリーとパフォーマンスの究極の組み合わせとしてその頂点を極めている。ここでは、ベントレーで活躍したデザイナーとエンジニアをご紹介する。彼らは、ミュルザンヌを、その設計図面から現実の車に創り上げた何百人もの人々のスナップショットであり、ベントレーが生産を再開した後も、この傑出したモデルの最後の生産現場で手作業を続ける人々である。


クリスピン・マーシュフィールド  デザイン担当
クリスピンは、ミュルザンヌを自分のモノだと主張することができる。彼は、ベントレーのエクステリア・デザイン・チームの一員として、今では誰もが紛れもないミュルザンヌの姿として認識しているエクステリアのデザインを担当した。クリスピンは、現在もベントレーの未来のモデルのデザインに携わっており、フリーハンドのスケッチから金属のスーパーフォーミング加工までのデザインしている。



「ミュルザンヌのエクステリア・デザインには、プロジェクト立ち上げ時から携わっています。最初の構想段階から実物大クレイモデルの開発、そして最終的な生産開発にまで携わりました。私にとってミュルザンヌは、常に私が最も誇りに思うプロジェクトの一つです。時が経つにつれ、ミュルザンヌは現代を象徴する存在として認識されるようになりました。このモデルは独自の後輪駆動プラットフォームを基に作られたベントレーであり、6.75リッターV8エンジンを搭載する最後のモデルでもあります。このエンジンについては、何世代にもわたるクラシック ベントレーの系譜を辿ることができます。まさにひとつの時代の終わりです」


ピーター・ゲスト  エンジニアリング担当
ピーター・ゲストはミュルザンヌ・プロジェクトのボディ&トリム部門の責任者であり、ボディ構造全体およびキャビン全体の技術開発を担当。ミュルザンヌを完成させた後、ピーターはベンテイガのプロダクト・ライン・ディレクターに就任し、プロジェクトの初期の構想段階から納入までを担当した後、コンチネンタルGTや、最近ではフライングスパーでも同じ役割を担っている。



「ミュルザンヌは、そのエンジニアリングにおいて極めて野心的で、ボディ構造、電気系統、内外装のデザインを一新し、シャシーやエンジンの設計も大幅に見直されました。膨大な量の作業を社内の約600人のエンジニアで構成されるチームで受け持ち、最終的にここクルーで製造を担当することになるこれらのチームメンバーたちと協力して作業を進めました。例えば、ボディのDピラーには手作業でろう付けをする大きな接続部がありますが、これは「無垢材から削り出した」ような外観を実現するための最良の方法でした」

「インテリアは全く新しい、極めて複雑なものになりました。数百片ものレザートリムと、キャビンを囲むよう完璧に配置された『リング・オブ・ウッド(木の輪)』が特徴です。繰り返しになりますが、私たちは工場で職人たちと協力して、私たちが設計したものを確実に生産できるようにしなければなりませんでした。それは大きな課題ではありましたが、私たちはそれを実現しました。そして、その車の外観は、今でも目を見張るほどだと思います」

「工場から出荷されるミュルザンヌを見るたびに、私は大きな誇りを感じます。当社がこの車を発売したとき、このクルマは『グランド ベントレー』と呼ばれていました。そして今、ミュルザンヌは、最新のグランド ベントレーである新型フライングスパーにその名前を引き継ぐことになりました。この2台の開発に携わり、息を吹き込んできた者として、フライングスパーがその名にふさわしい後継車であることは間違いありません」

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事