最後のベントレー ミュルザンヌを支えた職人インタビュー│ホワイトボディ担当とペイント担当

Bentley motors

ベントレーのフラッグシップモデルとして約10年の歳月を経たミュルザンヌは間もなく生産を終了し、新型フライングスパーにその役割を譲る。

ミュルザンヌの生産はこの4月に終了する予定だったが、COVID-19による危機的状況が終息した後、ベントレーの従業員がクルー工場に戻ってから最後の車両を手作業で生産できるようにするため、生産期間を延長した。ミュルザンヌは、「ミュルザンヌ メーカーズ」と呼ばれる製造に携わる職人たちの手を経て、7300台以上のミュルザンヌが送り出されてきた。

ミュルザンヌ メーカーズには、ミュルザンヌを象徴するあらゆるスキルが求められており、伝統的な技能や素材を使用した車の開発、販売することに関して他に類を見ないほど熱心に取り組み、ラグジュアリーとパフォーマンスの究極の組み合わせとしてその頂点を極めている。ここでは、ベントレーで活躍したホワイトボディ担当と塗装担当をご紹介する。彼らは、ミュルザンヌを、その設計図面から現実の車に創り上げた何百人もの人々のスナップショットであり、ベントレーが生産を再開した後も、この傑出したモデルの最後の生産現場で手作業を続ける人々である。

イアン・ジョンソン ホワイトボディ担当
イアンはベントレーのホワイトボディ部門で働く多くの職人の一人であり、あらゆるバリエーションのミュルザンヌのボディを手作業で仕上げていた。イアンは今後、ベントレーの製造部門のべンテイガの立ち上げチームで自身のスキルを発揮することになる。


「私はベントレーで 年以上、世界中のお客様のためにミュルザンヌのボディを製作してきました。その間、私は、様々な工具やヤスリを使い、伝統的な金属の仕上げや板金加工の技術を学び、発展させ、塗装部門へ運ばれる前にそれぞれのボディが極めて高い基準を満たしていることを確認してきました。長年にわたり、このブランドのフラッグシップモデルに携わってきた素晴らしいチームの一員だったことを、私は本当に誇りに思っています。これは一つの時代の終わりを意味しますが、私は決して忘れることはないでしょう。これからもずっと、語り継いでいきたいと思っています」


ロブ・トンプソン 塗装(ペイントショップ)担当
ロブはベントレーに最も長く在籍する従業員の一人であり、 年以上の価値ある仕事を終えて、間もなく引退する。ベントレーのペイントショップ(塗装部門)で量産計画のマネジャーとして、 人以上の同僚からなるチームを率いてきたロブは、彼の専門知識をひとつ残らず継承することができた。


「私はベントレーに入社して今年で 年目になりますが、ミュルザンヌという物語の最初から最後までの一翼を担ってきたことは、私自身の大きな誇りです。私は 年以来、ペイントショップを通過したすべてのミュルザンヌのボディに責任を持っています。私にとって、ミュルザンヌはベントレーの伝統と現代のボリューム時代への移行が完璧に組み合わされた存在です。ミュルザンヌのために特別に調合したカラーの中には、ビスポークのサテンフィニッシュや、リキッドマーキュリーと呼ばれる極めて見事なメタリックなど、実に目を見張るものがあります。ミュルザンヌは、発売以来、当社のフラッグシップモデルであり、それに取って代わるのは難しいでしょうが、新型フライングスパーは、そのすべての面で後継モデルにふさわしい車です」

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事