アストンマーティンのデザイン革命!│明らかな「進化」を象徴する一台

Aston Martin

アストンマーティンのヴァンテージファミリーが誕生70周年を迎えた。
 
ヴァンテージの名称は、英国のラグジュアリーブランドであるアストンマーティンが製造してきたスポーツカーのうち、実に1/3以上のモデルに誇り高く冠されている。70年以上の歴史を誇り、アストンマーティン製品ラインナップの中でも特別な存在となっているヴァンテージファミリーは、進化を続ける同社の歴史において決定的に重要な役割を果たしている。

DB4、DB5そしてDB6に至る一連の流れがアストンマーティンによるデザインの“進化”を物語るとすれば、1967年に登場したDBSは真の“革命”といえるモデルであった。この車の角張った“モダン”な形状を生み出したのは、当時アストンマーティンに若手のインテリアデザイナーとして在籍していたウィリアム・タウンズだった。このオリジナリティ溢れるボディに収まっていたのは、その当時の定番ユニット、タデック・マレックが手がけた6気筒3995ccエンジンで、DB6と同様に標準バージョンとヴァンテージバージョンが設定されていた。当初の計画では、新開発のV8エンジンを搭載する予定だったのだが、このモデルの登場には間に合わなかったのだ。


 
DBSの増加した重量に対応するため、ヴァンテージバージョンはカムシャフトの設計を見直し、パフォーマンスを向上させた。
 
1972年4月、それまでの4灯式ではなく2灯式のヘッドライトを備えた新バージョンのDBSが登場。このモデルは、AM ヴァンテージと名付けられ、70台が製造された。興味深いことに、この車は、過去のヴァンテージの血統に反し、そのラインナップにおいて最もパフォーマンスの低いバージョンだった。


オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事