フォルクスワーゲンがバーチャルモーターショー公開│ボディカラーやホイール交換も

Volks wagen

フォルクスワーゲンは、ジュネーヴ・モーターショーの中止を受け、オンラインでモーターショーを開催。

4月17日まで、フ ォルクスワーゲンブランドすべてのニューモデルをウェブサイ ト (https://www.volkswagen.de/de/specials/geneva-2020.html)で体験できるものだ。360° ツアーでは、ウェブサイトの訪問者がモーターショーを現実世界のように楽しむことができるデジタル体験が提供される。ブースの中を散策し、車を様々な方向から眺め、車のボディカラーやホイールを交換したりすることができるのだ。



「ジュネーブモーターショーは中止となりましたが、弊社のマーケティング チームの尽力により、すべての方々にフォルクスワーゲンのブースを訪問していただけるようになり大変嬉しく思っております。ビジターの方々は、 モーターショーのプレゼンテーションや製品ハイライトを、 細部にわたって体験することができます。今回のバーチャルモーターショーの開催は、特別な状況では特別な解決策が必要であることを示すものです。ディーラーにおける実際の車両の展示に加えて、バーチャルショーの訪問を通じて、さらに多くの方々に私たちの車の魅力をお伝えすることができると確信しています」と、 フォルクスワーゲン乗用車セールス、マーケティング およびアフターセールス担当取締役のユルゲン・シュタックマンは述べている。



ジュネーヴ・モーターショーのために準備していたすべての車、そしてブース全体は、360°体験できるようデジタル処理され、まるでモーターショーに来場したかのような3次元体験が提供される。 このモーターショーのハイライトは、未来の電気自動車「ID.3(アイディ.3)」1、プラグインハイブリッド技術を採用した新型「Touareg R」2、「Golf」のアイコンともいえるスポーツバージョン「GTI」3、「GTD」4、「GTE」5などの2020年に発売されるニューモデルである。

「フォルクスワーゲン初のデジタルブースは、これから革新的なオンライン体験を生み出していく新しい持続的コンセプトの始まりにすぎません」と、フォルクスワーゲン最高マーケ ティング責任者のヨッヘン・セングピールはコメントしている。「私たちは、デジタル化戦略の一環とし て、バーチャルリアリティが提供する可能性を活用していきます。バーチャルリアリティは今後、 体験型マーケティング、フォルクスワーゲンブランドの外部に対するプレゼンテーション、そして お客様やファンの方々とのインタラクションの一環になります」

バーチャル モーターショーは無料で閲覧可能。(ドイツ語および英語)

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事