550馬力を発揮した「スーツを着た野獣」!│最強のアストンマーティン ヴァンテージ

1990年代のアストンマーティンは、引き続き“スーツを着た野獣”と評されるスポーツカーを製造することに情熱を傾けた。その結果として登場したのが、ヴィラージュをベースとした1993年のヴァンテージである。このモデルは“スーパーチャージド ヴァンテージ”の異名を取り、後に新世代のV8 ヴァンテージへと引き継がれた。
 
あらゆる意味で重量級といえるこのヴァンテージの車重は、1990kgであった。ヘッドライトは6灯式で、フロントには巨大な直径362mmのベンチレーテッド・ディスクブレーキと4ピストンAPレーシング・キャリパーが組み合わされた。加えて、当時ロードカーに搭載されていた最強のブレーキを備えていた。


 
このように贅沢な装備を持つグランドツアラーには、強大なパワーユニットが必要になる。このモデルには、5340cc V8エンジンにイートン製スーパーチャージャーを2基組み合わせるという選択がなされた。最高出力550bhp、最大トルク550 lb-ftを発生したこのパワーユニットは、市販車に搭載されるものとして世界最強を誇った。1998年後半にデビューしたV600バージョンでは、さらに出力が50bhp強化されている。最高速度は186mph(約300km/h)に達し、0~60mph(0~96km/h)加速は4.6秒。高速走行テストでは、200mph(約322km/h)に迫る最高速度が記録されたと噂されている。
 
スペシャルエディションのV550、V600およびV8 ヴァンテージ ル・マンなども投入され、2000年10月の生産終了に至るまで、この世代のヴァンテージは新鮮さを失うことはなかった。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事