4年ぶり!マツダ3が2020年「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を受賞

Mazda

ワールド・カー・アワーズ(以下、WCA)が主催する2020年「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」において、マツダ3が特別賞の一つである2020年「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」(以下、WCDOTY)を受賞した。マツダのモデルが同賞を受賞するのは2016年のマツダ・ロードスター以来4年ぶり2度目となる。

同賞は、2004年に世界各国の自動車ジャーナリストによって創設された自動車賞で、世界25カ国以上、86名の自動車ジャーナリストの投票によって選ばれる。2020年の最終結果は、トロント現地時間4月8日にWCAから発表された。



マツダ3のデザインは、「Car as Art(アートとしての車)」というマツダデザインの哲学を追求し、世界で高い評価を受けている「魂動デザイン」をさらに深化させている。日本の美意識に基づく「引き算の美学」でクルマのフォルムから不要な要素を削ぎ落し、滑らかなボディの面を走る繊細な光の移ろいによって豊かな生命感を表現する、独自の造形を創り出した。そのうえで、ハッチバックではエモーショナルさを、セダンではエレガンスさを追求し、「マツダ3」というひとつのネームプレートのもと、まったく異なる2つの個性をつくり上げているのだ。

今年創立100周年を迎えたマツダは、いつの時代も車を通じて、お客さまに人生の輝きを感じていただくことを目指し、「走る歓び」にあふれた車をつくり続けてきた。次の100年も、車を愛する人々へ楽しみを届けてくれるだろう。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事