注文殺到!アストンマーティンの歴史において販売台数で成功を収めたモデルとは?

Aston Martin

2003年のジュネーブモーターショーにおいて、AM V8 ヴァンテージ コンセプトが発表された。このコンセプトモデルは、その後、誇り高いヴァンテージの次世代モデルへと進化を遂げることになる。
 
2年後の2005年、V8 ヴァンテージの生産モデルがベールを脱いだ。すでに発表されていた魅力的なコンセプトモデルにより、この車には注文が殺到した。実際の生産が開始されたのは2005年秋だったが、ゲイドン工場の第2組立ラインをV8 ヴァンテージ専用としたことで、生産台数は年間3000台に迫ろうとしていた。アストンマーティンの107年にわたる歴史において、この車ほど販売面で成功を収めたモデルはない。
 
新車の約70%は、英国外のカスタマーに届けられた。英国およびヨーロッパのカスタマーへの納車は2005年10月に開始され、北米をはじめとするその他の地域では、2006年初頭からV8 ヴァンテージがカスタマーの手元に届き始めたのだ。


 
V8 ヴァンテージは、現在では有名になったVHアーキテクチャーをDB9に続いて採用した市販モデルであり、DOHC 32バルブを備えたドライサンプ方式の新設計4.3リッターV8エンジンを搭載した最初の車となった。最高出力は380bhp/7000rpm、最大トルクは302 lb-ft/5000rpm。このエンジンは、グラツィアーノ製6段マニュアル・ギヤボックスが標準で組み合わされ、重量は1570kg、0~60mph加速は4.9秒、0~100mph(約160km/h)加速は10.7秒だった。
 
このエンジンはアストンマーティン専用のもので、ドイツのケルンにあるエンジン工場でV12と並びハンドビルドで組み立てられていた。後に、この世代のV8 ヴァンテージには、420bhpの最高出力と346lb-ftの最大トルクを発生する4.7リッターエンジンが搭載された。その結果、0~60mph加速は4.7秒に短縮され、最高速度は5mph向上して180mph(約290km/h)に達したのだ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事