フェラーリ COVID-19対策支援として人工呼吸器用のバルブと防護マスク用の付属部品を製造

Ferrari

フェラーリは、コロナウイルス患者の治療にあたる医療従事者を支援する取り組みのひとつとして、マラネッロの工場で人工呼吸器バルブと防護マスク用の付属部品の製造を開始した。通常、車両のプロトタイプが製造されている部門において、その造形技術を活用してこれらの熱可塑性コンポーネントが製造される。

一部のバルブはダイビング用品メーカーのMaresによって開発されたもので、呼吸器疾患に苦しむ患者を支援する緊急マスクを作成するため、マスクにフィットするようにカスタマイズされている。



防護マスク用の付属部品はSolid Energyに提供され、Decathlonシュノーケルマスクを補助器具に変えて感染リスクがある医療従事者を保護するために使用される。

各社の協力を得ながら、この先数日のうちにフェラーリでは数百の機器を製造する予定。イタリア市民保護局の調整のもと、ベルガモ、ジェノア、モデナ、サッスオーロの病院を含むイタリア各地の病院や、ボローニャ近くのメディチーナの町の医療従事者にも提供される。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事