カリフォルニア在住トップサーファー、五十嵐カノアの素顔に迫るドキュメンタリー

ⒸLeo Francis/Red Bull Content Pool

少年時代から数々の大会で優勝し、最年少優勝記録を更新するなどサーフシーンで活躍している五十嵐カノアは、アメリカ・カリフォルニア州ハンティントンビーチで生まれた生粋のサーファーだ。

プロサーファーであれば、誰もが憧れる世界最高峰の舞台であるワールドサーフリーグ(WSL)チャンピオンシップツアー(CT)。そのWSL CTに参戦する日本人トッププロサーファーとして、五十嵐カノアは注目を集め続けている。

ⒸLeo Francis/Red Bull Content Pool

レッドブルでは彼らトップサーファー達に密着し、戦いの舞台裏に迫るドキュメンタリー映像シリーズ「All In」を制作しており、第1話の日本語字幕版が先日公開された。



第1話では、2019年10月にヨーロッパレッグの一戦が行われたフランス・オスゴールを訪れた五十嵐カノアと、ワールドチャンピオン7冠を達成したステファニー・ギルモア(オーストラリア)を追っている。第2話以降についても順次日本語字幕版が追加されるとのこと。外出自粛が続き海外のビーチに行くこともままならない状況だからこそ、サーフシーンを彩る美しいビーチの景色も楽しみながら、トップサーファー達の素顔を楽しんでいただきたい。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事