豪雨の中で獲得したチャンピオン│アイルトン・セナがF1初勝利を刻んでから35年

Credit:Classic Team Lotus

アイルトン・セナがフォーミュラ1で初勝利をあげた、1985年4月21日。あの日から35年が経った今、セナの偉業を振り返る。

35年前の今日、豪雨というコンディションの中、若いブラジル人レーサーはF1初優勝を果たし、モータースポーツ界に名を刻んだ。1985年4月21日に行われたポルトガルGP。ロータス 97Tのドライバーはアイルトン・セナ。当時25歳になったばかりだった。自身初のPPを獲得し、決勝でもスタートから終始トップを走行。2位のライバルには1分以上の大差をつけて勝利を手にした。セナはロータスで6回優勝を果たし、モータースポーツ界だけではなく、スポーツ界のアイコン、そしてレジェンドとなった。また、セナの母国であるブラジルでは国の英雄として讃えられた。



ロータス 97TのシャシーはF1では初のバージボードを使用。バージボードはフロントホイールとサイドポッドの間に位置しており、タイヤ周りの空気を清流させる効果を果たした。この方法は現在のモータースポーツにも未だに存在し続けている。今日、セナと共に勝利を収めたロータス97Tは、クラシック チーム ロータスが保管、メンテナンスを行っている。

クラシック チーム ロータスのマネージング ダイレクターであり、コリン・チャップマンの子息であるクライブ・チャップマンは「チーム ロータスにとって、アイルトンがチームに加入したのはとても意味があった。父であるコリンが亡くなった後、チームはパニックになっていたが、アイルトンのテクニカルアビリティとドライビングスキル、そして何よりも高いモチベーションは、チーム全体を奮い立たせ、F1に挑戦し、成功を収めることができた」と語った。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事