ブガッティの数奇な運命や一族の歴史を辿るのに最適な書籍をご紹介

マニアックで幅広い、車・バイクの書籍を扱う代官山蔦屋書店 クルマ・バイクコーナーのポルシェにまつわる新入荷書籍の中から、ブガッティにまつわる2冊をご紹介。

Bugatti:Panorama Illustre des Modeles

本書は、1909年にE・ブガッティが設立した伝説のスポーツメーカーであり、数奇な運命を辿ったブガッティにスポットを当てた貴重な大図鑑。ブランド創立前のタイプ0から2018年に登場した最高級スーパーカーDivoに至る歴代マシン80台を、豊富なカラーフォトやイラスト、最新グラフィックを駆使してくまなく紹介している。

中盤までは40年代まで続いたオリジナルを紹介しており、後半からは1987年に復活を遂げたブランドの新時代の軌跡を収録。EB110GTに始まり、Veyron、16C Galibier、Chiron、Divoと常に一歩先行く最新テクノロジーに包まれた最高級スーパーカーが披露されている。また、巻末にはスペックデータ一覧が付属しており、同ブランドの新旧合わせた歴代モデルを紹介した資料は少ないため重宝する一冊であろう。

1万2012円 (税込)
出版社:ETAI
ハードカバー/W240×H290/モノクロ・カラー/仏語/176p
商品サイトはこちら



Bugatti:Journal D’une Saga

本書は、2つの世界大戦によって特異な運命を遂げた芸術家ブガッティ一族と現在の姿を記述した、専用ケース入りの重厚感ある写真資料集。本編では、創始者であるE・ブガッティの生涯はもちろん、芸術家の先祖や家具デザイナーの父カルロ、そして彫刻家の兄弟レンブラントらの影響によって昇華された類稀なるセンスをドラマティックに描写している。

本編では、黎明期の20世紀初頭から取り上げ、所縁ある人物や一族の芸術作品も交えその輝かしいヒストリーが綴られている。さらに時代を象徴する珠玉のレーシング・マシンについては、フランスGPやモナコGP、タルガ・フローリオの資料を交えより多くの写真を散りばめ記載。後半からは新生ブガッティとして第二の人生を歩んだ歴史を1997年まで収録し、VWに買収された後から2016年に限定発売されたシロンまでを紹介。全編を通じて写真やイラストを多用し、メカニズム解析からデザインまで同社の魅力を完全網羅している。

3万6894円 (税込)
出版社:ETAI
ハードカバー/W240×H290/モノクロ・カラー/仏語/416p
商品サイトはこちら

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事