都市型コンパクトSUVを再定義!トヨタより新モデル ヤリスクロスが世界初公開

TOYOTA

トヨタは、開催中止となった第90回ジュネーヴ国際モーターショーにて披露する予定であった新型車ヤリスクロスを世界初公開した。ヤリスクロスは、主力コンパクトカー・ヤリスの資質を継承する新たなSUVとして、日本では2020年秋、欧州では2021年半ばの発売を予定している。

ヤリスは、コンパクトカーの世界標準をつくろうとの気概のもと、1999年のデビュー以来、トヨタのコンパクトカーの主力モデルとして、グローバルでは累計約871万台(2020年3月末時点)を販売している。最新モデルは、走る楽しさに加え、最新のハイブリッドシステムによるクラス世界最高レベルの低燃費、先進の安全・安心技術を備え、コンパクトカーの域を超える新世代コンパクトカーとして、2019年10月に世界初披露された。

そして、今回発表されたヤリスクロスは、ヤリスブランドで築いてきた「走る楽しさへのこだわり」「クラスを超えた質感」を受け継ぎつつ、都市型コンパクトSUVを再定義することを目指して開発された一台である。



ヤリスと同様のコンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)と、一新したハイブリッドシステムの採用などにより、高次元の基本性能と環境性能を実現。また、取り回しの良いボディサイズと、居住性や荷室空間といったSUVらしいユーティリティ性能を両立している。エクステリアデザインは、シンプルながらも、SUVならではの“ロバスト”(頑強さ)を表現している。インテリアデザインも、ワンクラス上の質感と居心地の良さが感じられる造形に仕上がっている。

なお、ヤリスクロスは、日本市場向けには、トヨタ自動車東日本株式会社、欧州市場向けには、フランス工場での生産を予定している。
 

ボディサイズ:4180mm×1765mm×1560mm
ホイールベース:2560mm
【ガソリンモデル】
エンジン:直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン
トランスミッション:Direct Shift-CVT
駆動方式:FF/4WD
【ハイブリッドモデル】
エンジン、トランスミッション:リダクション機構付のTHSⅡ*(直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジン)*TOYOTA Hybrid System Ⅱ
駆動方式:FF/E-Four*電気式4輪駆動方式

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事