走りたいあなたへ・・颯爽と走るBMWバイクの姿をお届け!

Photography: Tomonari SAKURAI

フランス在住カメラマンの現地レポートをお届け。

フランスの外出禁止は5月11日まで延長された。早く普通の生活に戻ってほしいものだ。そこで、SNSを覗いてみると、この状況では自由に走れないため家でひたすら愛車を磨き上げたという話があちこちで見られる。それは車においても同じことがいえるのではないだろうか。

愛車であるBMW R1100Sもおかげでかつてないほどピカピカになった。ピカピカになればなるほど、乗って走りたいという気持ちも強まってしまう。ということで、乗れない衝動を思いっきり走っているバイクの写真を眺めてほんの少しでもストレス解消に… 

75年ぶりにマン島TTレースでBMWが勝利を収めた2014年のグッドウッドでのBMWの活躍を中心にお届けしたい。


Goodwood Festival of SpeedのBMW RS54。DOHC500ccボクサーエンジンにアールズフォークを持つ。



たぶん、同じRS54だろう。こちらは秋のRevival Meetingでレース中のもの。



シャンティイ城で開かれたコンクール・デレガンス会場でのBMW。R1000RRをベースに一昔前の耐久レーサー風にBMW Motrradが作り上げたレーサー。



2014年のGOODWOODではケビン・シュワンツがマン島で優勝した経歴を持つノートン・マンクス30M。



その横にはBMWの初めてのオートバイ、1923年のR32も展示された。



クラシックレースに合わせた黒一色のつなぎを纏い、シュワンツのゼッケン34があしらわれたマシンに跨がりスターティンググリッドについたところ。でもこの前に、貴重なマシンを何とシュワンツは練習走行で転倒させてしまっていたのだ。

写真&文:櫻井朋成 Photography&words: Tomonari SAKURAI

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事