目がくらむド派手なインテリア!13年をかけてカスタムされたバンが販売中

1970年代のアメリカではカスタムしたバンが流行っており、人々が夢中になった文化のひとつだった。ゴールドカラーのボディに、派手な柄が描いたりして個性を表現していたのだ。

そして現在、思わず凝視してしまう派手なインテリアにカスタムされた一台がアメリカで販売されている。ベースは1975年 シボレー G10で、ボディはメタルフレークの落ち着いたグリーンを身にまとい、クレーガーのホイールはクロム加工仕上げに。"Boogie Van"という文字も印象的だが、黒いハートもさらにその個性を強調している。このバンを製作するには13年を要したそうだ。



そして、注目のインテリアはといえば、グリーンをメインとしながらパープルのシートやダッシュボード周りで非常に個性的な室内空間だ。グリーンの部分はカーペット素材でパープルの部分はヴェルヴェット風のなめらかなファブリックでコントラストが付けられている。カーペットは天井にも張られている。パープル部分は社内の窓枠であったり、折り畳み式のベッド、ドアパネルに使われている。ガスタンクにもカスタムが施されているのも何気ないポイントだ。

目がくらむド派手なインテリア!13年をかけてカスタムされたバンが販売中(写真28点)



価格は6万9900ドル(約740万円)となっている。この一台とであれば、旅の道中も注目されること間違いなしだろう。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事