様々な人の想いを乗せたボルボ・カー・ジャパンがレストアを手がけたP1800が販売中

Photography: CARZY

P1800は、1960年に登場したボルボ初の量産スポーツクーペ。本国では2+2として販売されたが、日本に正規輸入されたモデルは乗車定員2名として登録されたようだ。デザインはマセラティミストラルやクアトロポルテなどを手掛けたイタリア人デザイナーのピエトロ・フルアによるもので、当初ボディ製作は英国のプレストスティール、組み立ては同じく英国のジェンセンで行われていた。

しかし、品質管理の問題があり、1963年よりイエテボリのボルボの工場で生産を開始。この年はじめてスウェーデン製の1800がラインオフした。スウェーデン製であることをアピールすべく、このモデルからP1800Sと車名に頭文字の“S”を掲げるようになりました。同時に“スポーツクーペ”の意も込められていたという。

P1800は英国で組み立てられた初期型をAシリーズ、その後63年のBシリーズ、Dシリーズなどとデビュー以来、毎年のように改良が加えられてきた。エンジンは車名の由来でもあるように1.8リッター直列4気筒OHVだったが、1968年のSシリーズから2リッターへと排気量を拡大。しかし車名は1800のまま変更されることはなかった。翌年にはキャブレターから電子制御燃料噴射装置(EFI)となり出力が向上、車名も1800Eとなった。



1971年にはエステートモデルであるESが発表。シューティングブレイクともよぶべきスタイリッシュなデザインで、湾曲したフロントグリルやフレームレスの大型リアゲート、ドアノブ下でキックアップしたプレスラインなどは、V40やXC90にはじまる最新モデルなどにも受け継がれているものである。1973年6月、最後のESをもって1800シリーズの生産が終了した。現在も世界中にファンが存在し、日本でも約120台が保有されているという。

ここで、現在販売されている注目のP1800をご紹介。 1971年式の1800E。オーナーは2020年3月までボルボ・カー・ジャパンの代表取締役をつとめた木村隆之氏だ。2014年にボルボ・カー・ジャパンの社長に就任したのを機に、かねてから憧れていたクラシックカーを手に入れようと物色していた際、縁あってボルボ・カー・ジャパンの社員が所有していたこの1800Eを譲り受けたという。

ダークブルーにリペイントされていたその個体は、走行可能ではあったものの決して良好な状態とはいえず、あることをきっかけにレストアすることに(のちのインタビューを参照)。当時を知るベテランスタッフの阿部昭男氏(現ボルボ・クラシック ガレージマネージャー)の協力のもと、世界中のボルボから現存するパーツを集め、また足りないものに関しては、部品取り車として他に2台のP1800を入手したそう。トータルで3台のP1800をもとに2015年に約半年をかけてレストアされた。

ボディカラーは当時のオリジナルであるサファリイエローに、ボルボの認定工場で水性塗料を使ってリペイントされている。エンジンやサスペンションなどに関しては、P1800の現役時代をよく知る、ボルボOBのメカニックに依頼し、オーバーホールを実施したという。2015年末にレストアが完成したこの車で、年に数回、クラシックカーラリーなどのイベントに参加。走るたびにアタリがついてきたエンジンは現在絶好調で、およそ5年で走行した距離は1万kmに満たないくらいだ。



実は木村氏、これをきっかけにさらにP1800へ傾倒し、もう1台、クーペより少し明るいサンイエローのESも入手したそう。黄色いクーペとエステートという絵に描いたようなハッピー1800ライフを送ってこられたが、社長退任を機にいずれかを手放すこととなり、さんざん悩んだ上で、クーペの売却を決意したそう。「レストアの過程から関わってくれたたくさんの人たちの思いがつまった車です。歴史を継承していくという意味でも大事にしてくださる方にお譲りできればと思います」と木村氏。現在ボルボ・カーズ 東名横浜店内にあるボルボ・クラシック ガレージにて保管されている。

車両情報提供:CARZY (文:藤野 太一 写真: 奥村 純一)

RECOMMENDEDおすすめの記事