【2020年新作】特別モデル トラディショナル・トゥールビヨン・クロノグラフ登場

ヴァシュロンコンスタンタンより新作の「トラディショナル・トゥールビヨン・クロノグラフ」が発表された。ジュネーブの偉大な時計製造の伝統を現代的に表現するこの新しい作品はモノプッシャー・クロノグラフの精巧さと、それ一つでオートオルロジュリーの至高の複雑機構を象徴する、トゥールビヨンの精緻な機構とが組み合わされている魅力を持つ。

グランド・コンプリケーションの製作に精通したヴァシュロン・コンスタンタンの技術が反映されている。12時位置に配されたトゥールビヨンとモノプッシャー・クロノグラフが特徴だ。メゾンのあらゆる製品と同様に、トゥールビヨン・キャリッジをはじめ、マニュファクチュール・キャリバー3200のすべての部品の装飾を手作業で仕上げている。



このトゥールビヨンの魅力的なビジュアルを余すところなく伝えるために、ヴァシュロンコンスタンタンの開発者たちは、キャリッジに新しい駆動方式を考案している。

トゥールビヨンは、時計機構に影響を及ぼす地球の重力を補正するために考案され、時計に関するコンプリケーションのアイコンと考えられている。そのため時計機能を目に見える形で支える役を演じる機構という点が強調されているように思われ、従来はダイヤルの下方に置かれることが多いのに対して、このモデルは、あらゆる視線を引き付ける12時位置に配されている。



またモノプッシャー・クロノグラフがクロノグラフの原型を思い起こさせる一方で、コラムホイールに組み合わせた、横方向から連結するラテラル・クラッチ機構に“摩擦”のテクニックを利用して信頼性の高い先進的な作動機能を実現していることも、新作が誇るポイントだ。


リファレンス・ナンバー 5100S/000R-B623
キャリバー・ナンバー CAL.3200    
ヴァシュロン・コンスタンタン自社開発製造
駆動方式 機械式手巻き
ムーブメント・サイズ  直径32.8mm×厚さ6.7mm

パワーリザーブ 約65時間

予価:時価 (参考2280万円)
発売時期:入荷は今秋ごろ

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事