【2020年新作】ロジェ・デュブイ×ランボルギーニ・スクアドラ・コルセ|トータルブラックモデル登場  

ランボルギーニ・スクアドラ・コルセとの継続的なパートナーシップを行なっているジュネーブのウォッチブランド、ロジェ・デュブイ。2020年の新作として、エクスカリバーウラカンのトータルブラックモデルを発表した。本モデルは、カーデザイナーそして製造メーカーのRaging Mechanicsとのパートナーシップにより実現。エンジニアと時計師が出会い、両者のパッションが勇剛することで、究極の冒険に全てをかける選ばれた人々のための時計が製作されたのだ。


 
ブラックDLCチタンのケースとベゼルに包まれ、全てが黒一色で統一されたエクスカリバーウラカンは、力強さを感じるスタイリッシュなボディと、ランボルギーニのD N Aを継承した力強さを感じるモデル。キャリバーは自動巻きRD630キャリバーを搭載し、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセとのパートナーシップを示すシグネチャーとして5ミリのエクスカリバー ウラカンタイムピースの12度傾斜させたバランスホイールを起用している。



また、キャリバー上部にはランボルギーニ ウラカン スーパーカーのV10エンジンと同じストラットバーのブリッジデザインを採用している。更に、スピードエフェクトが美しい360度回転錘がダイナミックに動き、まるでウラカンのホイールを眺めているような感覚に陥る魅力的なウォッチだ。
 

エクスカリバー ウラカン トータルブラック
自動巻き、Cal.RD630、60時間パワーリザーブ、毎時28,800振動/ケース径45mm厚14mm /50m防水

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事