ランボルギーニが自宅リビングに ?! │自宅から楽しめる新モデルの発表会で最新技術を採用

Automobili Lamborghini

アウトモビリ・ランボルギーニが、日本時間5月7日 20時より新モデルであるウラカン EVO RWD スパイダーの発表会をオンラインで行う。今回はARを使用し、1:1スケールの実車があるような体験をすることができるという。

世界中、どこからでも楽しむことができるが、端末は「AR Quick Look」機能を搭載したiPhoneやiPadなどに限られる。ユーザーであれば、ランボルギーニの最新 V10モデルを庭に置いてみたり、リビングに置いてみたりと仮想した空間を楽しむことができるのだ。エクステリアはもちろんのこと、インテリアの細かなディテールもじっくりと見ることができ、写真を撮ることもできる。 

アウトモビリ ランボルギーニCEOのステファノ・ドメニカリは「ビジネスにとって挑戦のときを迎え、ランボルギーニは再び新たなコミュニケーションの方法を開発しました。世界中が非常事態に置かれているため、新技術を早急に取り入れました。ランボルギーニはエキサイティングで新しい可能性を生み出すパイオニアです。世界中で利用されているApple社のAR技術を用いることで、世界中のランボルギーニファンのもとへ届けることができます」とコメントした。

Apple社のワールドワイドマーケティング部門シニア副社長フィリップ・シラーは「Apple社はイタリアの人々、そしてランボルギーニに関わる人々へ強く想いを寄せています。このような危機的状況のもと、安全に業務へ戻る彼らの姿に心打たれました。Apple社とランボルギーニは互いに、デザインとイノベーションというものへ強い情熱を抱いています。新しいランボルギーニのお披露目にAppleのAR技術が役立てること、そして世界中の方が自宅で安心してその技術を体験していただけることに興奮しています」とコメントした。

AR体験ができる新型ウラカン EVO RWD スパイダーの発表会は、ランボルギーニの公式サイトから閲覧可能。なお、対応端末はiOS11およびA9プロセッサ以降を搭載したApple端末である必要がある。閲覧可能であれば、ぜひ自宅から最新技術をお楽しみいただきたい。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事