洗面所の再設計も│ベントレーは250のガイドラインを設定し生産再開へ

Bentley motors

ベントレーモーターズでは5月11日より、1700人以上の従業員が工場に戻り、安全な復帰を可能にするために実施された250の包括的かつ広範な衛生管理およびソーシャルディスタンスのガイドラインに従い生産を再開した。

これは、ベントレーの「Come Back Stronger」プログラムのステージが進んだことを示すものであるとともに、100年の歴史の中で最大の日常業務の変化を受けて、これまで以上に生産体制が強化されたことを示したもの。

【写真11点】洗面所の再設計も│ベントレーは250のガイドラインを設定し生産再開へ

再稼働に先立ち、先週、ソーシャルディスタンスが確保された中で行われた従業員説明会と研修で、新しい作業パターン、オペレーション、環境保全についてのガイドラインが示された。再設計された製造施設は、従業員間の2メートルの距離を確保し、一方通行の移動経路と交通の流れを可能にした。敷地内にある洗面所でさえ、使用できる人の数を減らすために再設計されたという。



11日からはベンテイガとミュルサンヌの生産ラインが稼働するが、来週からはコンチネンタルGTとフライングスパーの生産ラインが加わる。

各生産ラインでは、各車両のタクトタイム(製造段階から次の製造段階への平均的なスタート時間)を2倍にしたため、生産は数週間にわたって通常の50%程度の割合で行われることになる。さらに、各生産セルは1つのステージではなく2つのステージに分散しているため、従業員間の距離が十分に確保されている。

残りの500人以上の製造担当者は、現在の感染状況の想定と政府のガイダンスに基づいて、6月中旬までに復帰できると予想されている。シャットダウン期間中、またはその後に戻ってくるすべての従業員には、この困難な時期の不安を少しで和らげてもらうために社内報、ビデオチュートリアル、および新しく作成された従業員向けニュースアプリを通じて、復帰後の変更点に関する情報共有を行い、完全に把握してもらっているそうだ。       

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事