本物の切手のように!ランボルギーニがコレクションしていくデジタルスタンプを公開

アウトモビリ・ランボルギーニがデジタルスタンプ販売のアプリを運営する、イタリアのBitstampsとコラボレーションし最初のスタンプを公開した。

1つめのデザインに選ばれたのは最新モデルのウラカン EVO RWD スパイダーである。サンタガータ・ボロニェーゼを拠点にするランボルギーニの歴史を辿る20車種が今後発表されていくとのこと。コレクションは「ジ・アウトモビリ・ランボルギーニ・コレクション」と名付けられた。

ウラカン EVO RWD スパイダーは販売中で、アプリを通してダウンロード可能。すべてシリアルナンバー付で、2万枚限定で発行される。このスタンプは、ブロックチェーンの技術によって、紙の切手と同じように売買したり、コレクションしたりということもできる。

加えて、まだ手に入れていないスタンプをチェックすることもでき、コレクターにとっては堪らないだろう。また、e-cardのギフトとしてプレゼントしたり、それらをマーケットプレイスで販売することも可能。このマーケットプレイスは今後オープンする予定だ。

https://www.bitstamps.app/en/

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事