新開発「ビッグ・ボクサー」搭載 BMW R18にファーストエディション登場

クルーザー・セグメントに新たに導入される新型BMW R18の導入を記念して、BMW R18 First Editionを期間限定でラインアップ。専用の装備品が組み合わされ、クラシックなブラックフィニッシュに白のピンストライプのペイントワークが施されている。その他の特徴として、多くのクローム・パーツ、シート・バッジの他、サイド・カバーには「First Edition」と記載されたクローム製クラスプが装着されている。

新型BMW R18は、歴史にルーツを持つプレミアム・クルーザーとして、BMWの他のモーターサイクルとは異なり、設計段階からR5などの往年のモデルを参考にしており、視覚的にも技術的にも、あらゆる面で伝統に基づいている。ダブルループ鋼管フレームや、ニッケルメッキされたユニバーサル・シャフト・ドライブなど、そのひとつひとつの魅力的な美しさを備えているのだ。

またその心臓部は、新開発の水平対向2気筒エンジン「ビッグ・ボクサー」である。その印象的な外観とテクノロジーは、BMW Motorradが1923年に生産を開始して以来、70年以上にわたり受け継がれてきた伝統的な空冷ボクサー・エンジンを継承している。このエンジンは、これまでの量産モーターサイクルに搭載された中で最もパワフルな2気筒ボクサー・エンジンで、その排気量は1802ccに達する。最高出力は67kW(91ps)/4750rpmを発生し、また2000〜4000rpmのエンジン回転域で常に150Nm以上のトルクが利用でき、優れたけん引力と深みのあるエンジン・サウンドが組み合わされている。



新型BMW R 18には、さらに「Rain(レイン)」、「Roll(ロール)」、「Rock(ロック)」の3つのライディングモードが標準装備されている。これはこのセグメントでは珍しい機能であり、優れたライディングプレジャーを各ライダーの好みに応じて選択できる。また、オートマチック・スタビリティ・コントロール(ASC、解除可能)、エンジン・ドラッグ・トルク・コントロール(MSR)が標準装備され、安全性を高めている。その他にも、取り回しを容易にするリバースアシストや、坂道発進を容易にするヒルスタートコントロール機能が、First Editionには標準装備されている。



そして、本モデルも他のモデルと同様にETC 2.0を標準装備。新型BMW R 18は、他のどのモーターサイクルよりも、極めてカスタムしやすいデザインとなっており、その結果、取り外しが容易なリヤ・フレームや、分解し易いパーツ構成となっている。また、同様にブレーキやクラッチの油圧ライン、およびワイヤー・ハーネスの取り付け位置は、より高い、またはより低いハンドルバーに対応する油圧ラインやワイヤー・ハーネスを組み合わせて簡単に取り付けることができる。さらに、目に見えるバルブ・カバー(シリンダー・ヘッド・カバー)やベルト・カバー(エンジン・ハウジング・カバー)がオイル・チャンバーの外側に配置されるよう設計されているため、極めて簡単に交換可能である。

また、今回の発売に先駆け、7月31日までの期間に、新型BMW R18の購入を予約した全員へ、1万8000円(税別)相当のBMW純正アクセサリーと交換できる、アクセサリークーポンをプレゼントする先行予約キャンペーンも実施。


BMW R18 254万7000円
BMW R 18 First Edition 297万6500円

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事