アルファロメオ 110周年を記念しスペシャルな電子書籍E-Bookを発表

2020年6月24日に創立110周年を迎えるアルファロメオ。その栄光の歴史における重要な瞬間に光を当てた、インタラクティブな電子書籍 E-Bookが発表された。1910年に公開された24馬力の初代A.L.F.A.に始まり、限定生産のジュリア GTA、さらには今後市場に導入されるクロスオーバーモデルのトナーレに至るブランドの歴史が紹介されているアルファロメオの110年をまるごと網羅したものである。





このE-Bookには、以下のような貴重な証言や情報が含まれている。
• アルファロメオのロゴはミラノ市の紋章と、中世ミラノを統治していたヴィスコンティ(Visconti)家の盾型紋章「ビショーネ・ヴィスコンテオ(Biscione Visconteo)」を組み合わせたもの。
• アルファロメオは 1950年に開催された最初のF1世界選手権で年間チャンピオンに輝いたメーカー。翌年の第2回選手権ではフアン・マヌエル・ファンジオがドライバーズタイトルを獲得した。
• エンツォ・フェラーリが自らの会社を設立する前は、アルファロメオのレーシングチームに所属していた。
• 1940年代のハリウッドスターは、アルファロメオ、とくに希少な 6C 2500 Super Sportなどを所有することが夢だった。
• 1998年に発表されたアルファロメオ 156 D2 レースカー は、ツーリングカー選手権で13回の勝利を収めた。
• FCA デザイン部門責任者のラルフ・ギルスが語る「私のお気に入りのアルファロメオ」
• アルファロメオ ミュージアム館長であるロレンツォ・アルディツィオ(Lorenzo Ardizio)が解説する「アルファロメオが手がけた貴重なパフォーマンスカー」
• ビショーネ(Biscione)・ロゴの進化
• トライローブ(Trefoil)“フロント・フェイス”に関わる舞台裏のストーリー





また、こちらのサイトより、イタリアのアレーゼにあるアルファロメオ ミュージアムのアーカイブに収蔵された数多くの写真や、110周年記念ビデオクリップなどを見ることもできる。写真でアルファロメオの110周年をお楽しみいただきたい。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事