医療従事者は2020年末まで入場無料も│フェラーリがイタリアのミュージアムを再開

Ferrari

イタリア・マラネロとモデナにあるフェラーリのミュージアムは、イタリア政府の法令に基づき、一般公開を再開した。

マラネロのフェラーリ・ミュージアムとモデナのムゼオ・エンツォ・フェラーリは、エミリア・ロマーニャ州の衛生上の非常事態宣言に従い、2月24日から閉館していたが、いよいよ再び来館者を迎える準備が整った。再開にあたり、来館者とスタッフの健康を守るため新たに一連の対策を講じながら、「Ferrari at 24 Heures du Mans」、「Hypercars」、「Grand Tour」といった展示をすべて楽しめるようになっている。

両ミュージアムでは、最近のイタリアの省令で骨子が示された対策に加えて、フェラーリの「バック・オン・トラック」プログラムもヒントに、施設に合わせて考案されたさらなる予防策を導入。例えば、入口ではサーマルスキャナーで来館者全員の検温を実施。体温が正常の範囲外の方は、来館日を変更することが可能になる。マスクの着用は6歳未満の子供を除いて必須とし、マスクを持っていない人にはミュージアムが無料で提供する。

また、床に水平のマークを示して、ソーシャルディスタンスのルールが守られるようにもしてある。来館者の人数を現在認められている範囲内に抑えるため、ミュージアムのサイトにあるオンラインのチケットオフィスでは、来館時間を指定してチケットを購入することもできる。

さらに、フェラーリは、最前線で働く医療スタッフにさらなる感謝を示すため、医療従事者は2020年末まで両ミュージアムへの入場を無料とし、その家族も同期間は割引料金とする方針を決定した。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事