銀座 蔦屋書店にて展覧会「Ryan Sullivan」開催│5月23日(土)からオンライン上にて全作品先行公開。

銀座 蔦屋書店内ギャラリー THE CLUB はアメリカ人アーティスト、ライアン・サリバンの日本初個展を開催する。 自宅にいながら展覧会を体験できる、デジタルツール(Kusntmatrix)を駆使したバーチャルギャラリーも同時公開。

現在ニューヨークを拠点として活動するサリバンの作品は、ニューヨーク近代美術館などに収蔵され、2015年にはICAマイアミ美術館での個展を開催、また2019年にはニューヨークのハイラインプロジェクトに参加している 。

独自の技法を用いて制作するサリバンの複数のレイヤーとジェスチャーをひとつの平面へと圧縮したペインティング作品は、様々な色の顔料で着色された樹脂を用いて制作しており、その技法はさらに今も尚、進化を続けている。この技法による制作はサリバンの直観に導かれたものであり、ひとつひとつの作品は再び同じように作り出すことのできないものとなる。樹脂が滞留し、筋をなし、混ざり合い、移ろい、その流れによって極めて薄い空隙を埋めていき、最後に「型枠を外す」ことで鮮やかな色彩と躍動的なリズムによる力強いコンポジションが創り出される。その一方で紙に描かれた作品は、樹脂によるペインティングから生まれたかたちをもとに、制作のプロセスを逆転させ生み出されるのだ。

本展ではこの機会のために制作された新しいシリーズや紙の作品など、全12点の新作を展示。塗料自体の特性を探求し、長年にわたり様々な実験的な制作 プロセスを経て生み出された抽象世界を、お楽しみいただきたい。

会期:2020年5月23日(土)- 7月15日(水)
時間:営業日など詳細はサイトをご確認ください(http://theclub.tokyo/)
場所: GINZA SIX 6F THE CLUB(銀座 蔦屋書店内)
費用 :無料

5月23日(土)から公式HP(http://theclub.tokyo/)にて全作品並びに、バーチャルギャラリーを公開。バーチャルギャラリーは、3D体験を可能にしたKusntmatrixを駆使してのご紹介。Kusntmatrix(https://www.kunstmatrix.com/en

現在休館中のGINZA SIXが再開次第、予約制にて展覧会に足を運ぶことができるようになる。
お問い合わせはinfo@theclub.tokyoまで。
URL http://theclub.tokyo/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事