シトロエンがスイーツをデリバリー「おうちエルメ」│開始2週間で走行1260kmに

シトロエンが4月21日(火)からスタートしたフランスの著名パティスリー、ピ エール・エルメ・パリのスイーツデリバリーサービス「おうちエルメ」。

この配送車として、シトロエン ジャポンはシトロエンC3 エアクロス SUVを3台貸与しサポートしているのだが、5月末までにすでに1000件以上のオーダーがあり、開始から2週間でのデリバリー車輌走行距離は1000kmを超えたそうだ。

「おうちエルメ」は、緊急事態宣言による外出自粛要請のなか、自宅にいながら、心が豊かになるような美味しいものを届けたいというピエール・エルメ・パリを展開するPH PARIS JAPON株式会社の想いからはじまった。

ピエール・エルメ・パリの対象となるスイーツをオンライン注文すると、都内対象地域(東京都港区、渋谷区、新宿区、世田谷区、千代田区、大田区、中央区、 品川区、文京区、目黒区)の指定場所にデリバリーするというサービス。4月21日 (火)にサービスを発表し、24日(金)よりデリバリーを開始した。 この取り組みに対し、同じフランス企業のシトロエンは、人々の移動の自由と自由な移動をコンフォートに提供するというモビリティ企業の観点からデリバリー車輌の貸与というかたちで協力している。 

シトロエンの人気コンパクトSUV、C3 AIRCROSS SUVは、コンパクトなそのサイズから、デリバリー先の住宅街での狭い路地でも取り回しがしやすく、広いガラスエリアとSUVならではの高い着座位置は、見晴らしの良さにつながる。そして、Citroën Advanced Comfort®プログラムによる、たっぷりとしたシートは配達スタッフの快適性と疲労軽減を担保し、乗り心地の良さはケーキのダメージも防ぐのだ。 



また、後席をフラットにたたみ、天井まで含めクラス最大級となる1289リッター ラゲッジスペースには、消毒用品、予備マスクと手袋、スイーツを納めた2個の配達用クーラーボックスを楽々と積み込むこともできた。デリバリー車輌は「おうちエルメ」のステッカーが目印。 

デリバリー使用モデル:シトロエン C3 AIRCROSS SUV SHINE +Package Option 2台                  
シトロエン C3 AIRCROSS SUV Origins 1台
デリバリー使用台数:3台(初動2台、1台追加)                  
スパイシーオレンジ、グリ プラチナム、ナチュラル ホワイト
サービス開始二週間での走行距離:約1260km(1台あたり)
一日のおよそのデリバリー件数:15件(1台あたり)
一日のおよその走行距離:80~90km(1台あたり)
5月末日までのオーダー総数:1000件超


https://www.pierreherme.co.jp/journal/home-delivery/

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事