「愛車のポルシェが出来るまで」を見ることができるサービス開始!

Porsche AG

愛車のポルシェがドイツのツッフェンハウゼン工場で作られていく過程を見ることができる、"My Porsche"というプラットフォームが公開された。今後、ポルシェを注文すれば利用できるようになるものだ。

ポルシェ911と718の生産現場については、すでにマイポルシェのソフトウェアにリンクされているカメラを工場内に2か所設置済み。そして、近日中に2つのカメラを追加する予定とのことだ。このプラットフォーム公開にあたって、ツッフェンハウゼン工場長のChristian Friedlはこのようにコメント。「私たちは高い技術でパーソナライズされた魅力的なスポーツカーをこのメインファクトリーで毎日生産しています。世界中にいるカスタマーの存在こそがモチベーションなのです。そして、カスタマーの要望を実現させることができる理由は、完璧なものを目指し情熱を持つ私たちのスタッフにあります。生産の舞台裏を見せることで、私たちはより義務感が生まれ、さらなるモチベーションにつながるのです」

また、ポルシェカスタマーリレーションズ部門のRobert Aderは、「パーソナライズの体験を最初からしてもらいたいと考えています。納車を待っている時から、パーソナライズなのです。夢のクルマができあがっていくところを見て、想像をさらに膨らますことができるでしょう」とコメント。

My Porscheはまず、アメリカ、ドイツ、イギリス、カナダ、スイス、スペインの6ヵ国で利用できるようになるとのこと。その数ヵ月後に、他の国でも利用できるようになる。webサイトでも開くことができるが、アプリも用意されている。日本での導入も楽しみにしよう。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事