12台限定!ある「クモ」をモチーフにしたマクラーレン 600LT スパイダー

マクラーレンが、セゲストリア・ボレアリス(Segestria Borealis)をモチーフにした600LTスパイダーを公開した。北アメリカで販売される分のうち、最後の12台がこの仕様になる。

そのモチーフ「セゲストリア・ボレアリス」はブラックの身体にグリーンの牙を持つことを特徴とする大きなクモ(スパイダー)である。それの姿をイメージして、ボディはボレアリスブラック、そしてセンターストライプ、ブレーキキャリパー、エアロパーツなどには鮮やかなネイピア・グリーンが使われている。このボディカラーについては、光の加減により深いグリーンやパープルに見えたりするそうで、マクラーレンのパーソナライゼーション部門であるMSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)だからこそできたものであろう。加えて、クモの要素を表現するため、リアウィングの裏面、サイドミラーにはクモの糸をイメージした細いラインが描かれている。インテリアのステッチ類にもグリーンを使用。



また、この12台についてはすべて MSO クラブスポーツパックが備えられ、シートも含めカーボンファイバーのインテリア、チタニウムのホイールボルト、Bowers and Wilkins製オーディオシステム、リアビューカメラといったものも持つ。エンジンに関しては変わらず、3.8リッター V8 ツインターボエンジンを搭載している。

マクラーレン 600LTスパイダー セゲストリア・ボレアリスの価格は、27万5500ドル(約2947万円)とのこと。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事