【2020年新作】Czapek流に解釈した、ラグジュアリー・スポーツ・ウォッチ セグメントの新作を発表

5月26日、ウォッチブランドCzapekは、自社製ムーブメントが搭載された新作「Antarctique(アンタークティック)」を発表した。洗練されたスタイルの本モデルは、今日ポピュラーになっているラグジュアリー・スポーツ・ウォッチのセグメントをCzapek流に解釈、開発した最新モデルとなっている。

本作”Antarctique”のパーツは全て、細部にまで拘って作り込まれている。例えば、ムーブメントの輪列は19世紀のポケッ トウォッチににインスパイアされた7つのスケルトン・ブリッジを採用。その独特の形は、Czapekのクロノグラフ、Faubourg de Cracovieの ローターを思い起こさせる。また、ダイアル部分は CzapekのパートナーであるMetalem社が30年前に開発した独自の“ラメ技術”を、このプロジェクトのために復活させたもの。その特徴的な縞模様は、色に深みとリフレクションを生み出すのだ。


 

搭載されているムーブメントのパーツは視覚的な調和と透明性をもって配置されている。 そのハイライトとなるのが、4つのゴールド製慣性ウエイト(マスロット)を備えたフリースプラング・テンプだ。これにより、機械式時計における最高レベルの精度調整が可能となっている。また、「完全にリサイクルされた」18Kゴールド製のマイクロローターは、スイス以外の唯一のパートナーである、ドイツのAGOSI社によって供給され、ラ・ショードフォンに て製造される。メカニズムをより明らかにするために、このローターはオフセンターに配置されているのだ。パワーリザーブは約56時間で、マイクロローター搭載のムーブメントとしては注目すべき数字だ。120mの防水性も備わっており、スポーティな場面でも活躍すること間違い無いだろう。
 

■Antarctique Terre Adélie アンタークティック テール・アデリー
Czapek キャリバー SXHZ/自動巻き/リサイクルされた18Kゴールド製のマイクロローター/パワーリザーブ 約56時間/振動数28,800 VpH (4Hz)/石数:28/ステンレススティール/ケース40.5mm(径)10.6mm(厚) /120m防水/最大99本までの限定生産/2020年7月15日までのオーダー受付
予価:2,350,000円(税別)
 

■AntarctiqueOrion Nebulaアンタークティック オリオン・ネビュラ
Czapek キャリバー SXH5 /自動巻き 3ハンズ/リサイクルされた18Kゴールド製のマイクロローター/パワーリザーブ 約56時間/振動数 28,800 VpH (4Hz)/石数28/ステンレススティール/ケース40.5mm(径)10.6mm(厚)/120m防水/10本の限定生産/
予価:2,500,000円(税別)

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事