燃費の良さも大きな魅力!ベントレー コンチネンタル GT V8とW12を比較!

注目のモデル、ベントレー コンチネンタルGT V8の魅力に迫る。<W12との比較編> 

ベントレー コンチネンタルGT V8の購入を真剣に検討されている皆さんでも、一度くらいは「やっぱりW12のほうがいいのかな?」とお悩みになったことがあるのではなかろうか。ここでは、いまいちどW12とV8の違いを整理して、どちらがお勧めかを考えてみたい。
 
まずは外観。この点ではW12とV8の差はほとんどない。あるのは、エンジン形式を示すフロントフェンダー上の小さなバッジと、排気系のテールパイプが異なる(W12は楕円形でV8は8の字を横倒しにした形状)くらい。標準のタイヤサイズはV8が20インチでW12が21インチとなるが、V8でもオプションで21インチもしくは22インチが選べるので、これも決定的な違いとはいいがたい。


コンチネンタルGT W12


コンチネンタルGT V8
 
タイヤサイズの件もそうだが、ベントレーはどのモデルもオーナーが車の仕様を決められる余地(いわゆるパーソナライゼーション)が極めて広いので、ボディカラーやオプションの設定次第では、もともとのW12とV8の差をはるかに上回る印象の違いを演出できることだろう。
 
そうはいっても、両モデルの決定的な違いがエンジンにあるのは間違いのないところ。改めてそのスペックを紹介すれば、W12の635ps/900Nmに対して、V8は550ps/770Nmと数値のうえでは明確な差がある。このため、0-100km/h加速と最高速度の比較では、W12が3.7秒/333km/h、V8が4.0秒/318km/hでW12がV8をリードする。
 


ただし、0-100km/h加速が4秒というタイムは並みのスポーツカーでも記録できないほどの速さ。この辺はベントレー自慢のフルタイム4WDが生み出すトラクション性能(エンジンの力を路面に的確に伝える能力のこと)によるところも大きいのだが、これだけ速いともはやW12とV8のどちらが速いかを言い当てるのは難しくなってくる。とりわけV8はレスポンスが鋭敏で吹き上がりがシャープなため、実際の動力性能以上に加速が素早く感じる。しかも、V8の反応が鋭いことは、静止状態からの全力加速だけでなく、たとえば60km/hから80km/hまで車速を上げる追い越し加速でも体感できるので、路上での速さは想像以上。その体感性能はW12と互角といっても過言ではないほどだ。
 

文:大谷達也 写真:ベントレーモーターズ

RECOMMENDEDおすすめの記事