BMW X4に新たなエントリーモデルが誕生│あらゆる走行シーンに適したミドルクラス

BMWより、プレミアム・ミドル・クラスSAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)であるBMW X4のラインアップに、クリーン・ディーゼル・エンジンを搭載した「BMW X4 xDrive20dが発表された。

BMW X4は、2014年に初代モデルが誕生し、2018年にフルモデル・チェンジが施されている。BMW Xモデル特有のオフロード性能に加え、スタイリッシュなクーペデザインを取り入れることにより、都会でも、郊外でも、あらゆる走行シーンに適しているミドルクラスのモデルなのである。

また、BMW X4 xDrive20dには、アクティブ・クルーズ・コントロールや、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト等を含む運転支援システムである「ドライビング・アシスト・プラス」が標準装備されている。日常走行域での急停止や飛び出し等を瞬時に判断し警告すると共に、夜間や悪天候下でも安定して検知し警告し、安全をサポート。高速走行時や渋滞時に安定した走行を継続しやすいようにサポートする機能も装備され、安全性と利便性を向上させたモデルとなっている。

価格は、BMW X4 xDrive20dが695万円、BMW X4 xDrive20d M Sportが774万円。

BMW X4 xDrive20d
全長 4760mm
全幅 1920mm
全高 1620mm
ホイールベース 2865mm
車両総重量 2155kg
排気量1995cc
エンジン型式 直列4気筒ディーゼル・エンジン
最高出力190ps(140kW)/4000rpm
最大トルク400Nm/1,750-2,500rpm
燃料消費率WLTC 14.0km/リッター。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事