時計製造の革命! 耐磁性を備えた オメガ「デ・ヴィル トゥールビヨン ナンバード エディション」発表

スイスの時計ブランド、オメガの歴史を振り返れば、トゥールビヨン製造のクラフトマンシップにおいて卓越した高い技術力が評価され、これまで多大なる称賛を得てきた。

今回発表される「デ・ヴィル トゥールビヨン ナンバードエディション」は、15,000ガウスの磁場においても、正常に回転し続けるトゥールビヨン ケージの製造に成功しただけでなく、そのスピードを1分で1回転するように設定し、マスタークロノメーター認定を受ける必須条件となる秒針表示を実現した。

マスター クロノメーター認定を受けた、初の手巻きのセンター  トゥールビヨンであるということは、さらにオメガのクラフトマンシップを、さらに高いステージへと押し上げたことになった。 時計業界の常識を覆す今回の新作にあたっては、オメガがこれまで培ってきたトゥールビヨンの歴史における最も重要な節目であることを語らずにはいられない。

1947年に製造された世界初のリストウォッチ トゥールビヨン キャリバーがあげられるが、オメガはこのキャリバーをもって、ヨーロッパにある3つの主要な天文台で行われた、時計の精度を競うコンクールに参加、このコンクールでオメガのキャリバーは素晴らしい成績を残し、1950年にはジュネーブ天文台にて誇るべき記録を打ち立てた。



それから約50年後の1994年、ダイアルのセンターにトゥールビヨン キャリッジを配置した初の手巻きのセンター トゥールビヨン リストウォッチを発表。さらにその10年後となる2004年には、クロノ メーター認定を初めて受けたトゥールビヨン リストウォッチを発表。 そして今回の「デ・ヴィル トゥールビヨン ナンバード エディション」となったのである。



オメガのアトリエ トゥールビヨンにて、少数精鋭のウォッチメーカーたちが、1点ずつ手作業で完成させるまで、約1カ月もの献身的な作業を進めながら製造しており、人生を共に刻む上でスペシャルなタイムピースであることは間違いない。


ムーブメント
Cal.2640 手巻き、コーアクシャル脱進機、COSC 認定クロノメーター、 スイス連邦計量・認定局(METAS)によるマスタークロノメーター取得 15,000ガウスの超耐磁性能 50 石、毎時 2 万 1600 振動(3Hz)、72 時間(3 日間)パワーリザーブ、 シリコン“Si14”製のフリースプラングテンプ、 硬化皮膜処理を施してブラックに仕上げたチタン製トゥールビヨン ケージとベース 18K セドナ™ゴールド製ブリッジ、メインプレート

ケース
径:43.00 ㎜ / 厚さ:12.70mm  防水性:30m  ブラッシュ仕上げの 18K カノープス™ゴールドケース本体 ポリッシュ仕上げの 18K セドナ™ゴールド製リュウズに 18K カノープス™ゴールドでオメガの ロゴ ポリッシュ仕上げの 18K セドナ™ゴールド製ベゼル、ラグ、ケースバック 両面無反射コーティングを施したドーム型のサファイアクリスタル製風防ガラス、シースルーケースバック

発売日   7 月発売予定
価格 1888万円(税抜)/ 2076万8000円(税込)


オメガお客様センター TEL:03-5952-4400 

RECOMMENDEDおすすめの記事