レンジローバー 50周年記念!特別仕様モデルを限定販売│オリジナルのカラーも再現できる

Jaguar Land Rover

レンジローバーは2020年に50周年を迎える。これを記念し、ランドローバーは"Fifty"と名付けられた限定車を発表した。

1970年に発表されたレンジローバーは、2ドア、四輪駆動でオフロード走行のために製作された。もちろん、オンロードでも性能が損なわれることはない。 

50年間で4世代まで進化し、SUVの代表格として世界中で人気を集めている存在だ。そして、今回発表された50周年記念モデルは22インチのホイールを履いており、ノーマルのモデルとは迫力が違うことがわかる。フェンダー、ヘッドレストには"Fifty"のエンブレムが付き、ダッシュボードはジャガー・ランドローバーのデザイン部門代表を務めるゲリー・マクガバンがデザインを担当した。





Fiftyにおいては、ロングホイールベースも頼めるとのこと。スタンダードカラーは、キャプテングレー、ロセヨレッド、アルバ、サントリーニブラックの4色が用意されている。さらに、カスタム部門であるSVOが、オリジナルのレンジローバーで使用されていたタスカンブルー、バハマゴールド、ダボスホワイトの3色を再び作った。これらのカラーの車両は、限られた数のみ作られるとのこと。



2021年から生産がはじまり、世界1970台限定で販売される。価格は発表されていない。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事