あの「サイバートラック」が期間限定で展示される!ピーターセン自動車博物館

Petersen museum

6月19日より再オープンしているピーターセン自動車博物館で、話題を呼んだテスラ・サイバートラックが1週間限定でロビーに展示される。誰でも見ることができる場に姿を現すのはこれが初めてだ。

シャープでフラットな見た目はステンレススチールからできている。“ピックアップトラックよりも役に立ち、スポーツカーのように速い車を作りたい”という想いからプロジェクトがはじめられた。0-100km/h加速は2.9秒を誇るという。発表によると、航続距離は800kmにも達するそうだ。市販車生産は2021年からを予定している。

そんなサイバートラックを、ピーターセン自動車博物館では“Alternating Currents” という企画展の一部として展示される。ミュージアムのエグゼクティブディレクターTerryであるTerry L. Kargesは「テスラは、モデルSを発表してから、世界のEVマーケットにおいて先駆者のような存在です。サイバートラックは未来の車を象徴するものになるでしょう。お披露目するのがとても楽しみです」とコメントした。

なお、新たに設定されたミュージアムの営業時間は10時~17時、水曜~日曜となっている。チケットはオンラインで事前購入を必須とするルールなども設けられている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事