ドゥカティ 第3回 カスタム・ランブル・コンテストの優勝者が発表

最高のカスタマイズド・ドゥカティ スクランブラーを選出するコンテスト、第3回カスタム・ランブルの決勝大会が開催され、CC Racing Garageのイタリア人カスタマイザー、マルコ・グラツィアーニが優勝を手にした。

ドゥカティ スクランブラーのアンバサダーを務めるドミニカ・グルノバが進行役を務めた授賞式の模様はライブ配信され、1万6000人のユーザーが視聴したという。イギリスの俳優ニコラス・ホルト、ドゥカティ・オフィシャル・ライダーのチャズ・デイビスとアンドレア・ドヴィツィオーゾ、カスタムバイク・イベント「BikeShed」創設者のオランダ人ヴァン・ソメレン、イタリア人カスタマイザーのフィリッポ・バルバカーネから構成される特別審査員が、5台のファイナリストの中から最高の1台に投票して、勝者を選出した。

CC Racing Garageのマルコ・グラツィアーニによってカスタマイズされたスクランブラーは、バイクのタイプやスタイルに制限のない、ドゥカティ スクランブラー1100専用の「Bully」カテゴリーにエントリーしたバイクである。このイタリア人カスタマイザーは、ドゥカティ スクランブラー1100スペシャルをベースに、カラー、グラフィック、エグゾースト、シートをカスタマイズした。その一方で、ヘッドライト、リアエンド、燃料タンクは、ドゥカティ スクランブラーの重要なエレメントであると見なして、オリジナル・コンポーネントをそのまま流用している。

Scramblerducati.comで開催された予選でも、ドゥカティ スクランブラー・コミュニティの約5000人のユーザーによる投票で、スクランブラー1100 FTは最高の得票数を獲得。優勝者には、Beta製ワークベントと工具セット一式が贈られた。この機能的な工具セットは、市販モーターサイクルを、特別なカスタムバイクに変身させるために不可欠なツールだ。

RECOMMENDEDおすすめの記事