ブルックス ブラザーズ 青山が2020年8月30日にクローズ 41年の歴史に幕を下ろす

1979 年8月のオープン以来、青山エリアのランドマークとして、また日本のアメトラ文化を牽引する存在として、長きに渡り営業を続けてきたブルックス ブラザーズ 青山が2020年8月30日をもってクローズする。

まだ日本にインポートブランドが多く進出する前から、アメリカ・ニューヨーク発のブルックス ブラザーズの海外進出第1号店として現在と同じ場所にオープンした。アイビーブームの時代を経て、数々のファッション関係者、著名人をはじめとする多くの顧客に愛され続けた同店が、今年その41年の歴史に幕を下ろすこととなる。 

ブルックス ブラザーズ 青山は、オープン当時より変わらぬクラシックな石造りの門構え、青山通りにはためく日本とアメリカの国旗、重厚感のある木目調の店内。オープンの時には、ニューヨークの店舗の雰囲気がそのまま日本に再現されたと話題になった。ガラスケースに商品を展示する欧米方式の対面販売は当時画期的で、オープン40周年を記念して昨年から青山店には当時を彷彿とさせる、対面販売ができるカウンターが復活している。 


 
今回のクローズは、同店が店を構える青朋ビルが、青山エリアの再開発に伴って立て直しすることによるもの。リニューアルしたビルの竣工の際には、再び出店予定である。また、青山店クローズ後には、2020年9月4日(予定)に近隣に3層構造の新店舗「ブルックス ブラザーズ 表参道」をオープンする。



株式会社ブルックス ブラザーズ ジャパン 代表取締役社長 小布施森一は次のように述べている。 「ブルックス ブラザーズ 青山は、時代に合わせて日本の中で成長を続けてきたアメトラの文化の象徴のような場所です。歴史があるだけでなく、新しいものも発信することのできる場所で、昨年行った日本上陸40 周年を記念したランウェイショー以降は、若いお客様の来店も随分と増えました。守りに入っているだけではブランドは進化しない。失敗を恐れず、冒険をすること、そこから得るものは大きいと考えます。今の顧客様、新しいお客様に寄り添いながら、なにか新しい幸せ感を提供できるような店づくりを目指し、そういうブランドでありたいと思っています」 

なお、2020年8月30日のクローズまでの期間、ブランドや青山店への思い出などメッセージをしたためることのできるメモリアルブックを設置している。来店のうえメッセージを書いた方には、先着にてささやかなギフトのプレゼントも。 
 
ブルックス ブラザーズ 青山のクローズまでに、新たな思い出作りのためにぜひ足を運んでいただきたい。 

RECOMMENDEDおすすめの記事