オクタン日本版vol.17 特集:1979 LE MANS PORSCHE K3

911から生まれた過激派

ボディの下で脈打つ心臓はリアマウントのフラットシックスだが、911との共通点はそれだけだ。ポルシェ935クレマーK3の物語を、歴史的優勝を遂げた1979年ル・マンを目撃したデルウィン・マレットが振り返る。

1979_Porsche_935_K3_046.jpg

市販車ベースとはいえ、K3はロードゴーイングバージョンとは比べものにならないほど大きく進化していた。ポルシェはCan-Amシリーズ用の917/30で磨いた技術を元に、1974年に911ターボ(ポルシェ社内呼称:930)とコンペティションモデルのRSRターボを発表。カレラRSRターボは、その年のル・マンで見事2位フィニッシュを果たした。1976年のメイクスチャンピオンシップが新ルールで行われることが明らかになると、ポルシェは911ターボのレース仕様を2系統に分けた。ひとつはGTクラスであるグループ4向けの比較的おとなしいバージョンの934だ。これは、パワーウィンドウや内装トリムもそのままというロードカーに近い姿とした。グループ5のルールは大々的な改造を認めていたため、935はボディワークの幅を広げ、リアタイヤも太くして、"二段重ね"のリアウィングを装着し、誰が見てもコンペティションカーと分かる姿になった。

1979_Porsche_935_K3_034.jpg

1976年からポルシェ935がレースに投入されると、たちまち席巻しはじめ、トップレベルのレースで最後の優勝となった1984年まで最強の名をほしいままにした。グループ6のプロトタイプカーと総合優勝を争うこともしばしばで、ヨーロッパのみならずアメリカでもプライベートチームはこぞって935を選ぶことになった。1976~79年までFIA世界メーカー選手権のタイトルを4年連続でポルシェにもたらした935だが、そのピークといえるのが、写真のクレマーK3による1979年のル・マン優勝だ。

AO_o17-thumb-700x895-172-thumb-autox384-2359.jpgオクタン日本版vol.17「いろいろなポルシェ。」 特集一覧はこちら
amazon:在庫なし
Fujisan:http://www.fujisan.co.jp/product/1281695173/b/1472307/

RECOMMENDEDおすすめの記事