マツダ 日本の全工場で直操業を再開│7月は前年比8割へ戻す計画

mazda

マツダは、現況を踏まえ、日本の全工場では操業休止日を設けることなく、月中に昼夜勤の直操業を再開すると発表した。これにより国内の生産台数は、6月が前年比4割程度に対し、7月は8割まで戻る計画だという。

また、メキシコとタイの工場においては、稼働日を限定して操業する計画だ。日本、メキシコ、タイの工場における7月の生産計画台数の合計は、通常操業をしていた前年同月の実績には達しないものの、前月比で150%以上を想定している。感染が再び拡大するリスクも視野に入れながら、今後も慎重かつ柔軟に対応していく。

【日本の工場における2直操業再開日】
7月1日再開    宇品第1工場    宇品第2工場(広島県広島市南区)、防府第2工場(山口県防府市)
7月27日再開  防府第1工場(山口県防府市) ※全工場、操業休止日は無し

【メキシコとタイの工場における稼働日】
「Mazda de Mexico Vehicle Operation」(メキシコ グアナファト州サラマンカ市) 月~木(第1週~第4週)
「Auto Alliance Co., Ltd.」(タイ ラヨーン県) 現在、調整中
※操業や稼働日の状況は発表時点のものであり、今後の状況によって変更する可能性があります。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事