滅多にないチャンス!壁掛け用の実寸大ランボルギーニを手に入れる ?! │ミュージアム所有の一台がオークションに

Mecum auction

ムゼオ・ランボルギーニの壁に展示されていた、ランボルギーニ ディアブロVT プロトタイプが7月に開催されるオークションに出品される。

ミュージアムがオープンしたのは2001年のこと。ミウラやカウンタックLP500、イスレロ、350GTなどといった歴代モデルを展示フロアーに置いていく中で、壁が寂しいことに設計者たちは気付く。そして、写真や絵を飾ることではなく、このディアブロVTをそのまま飾ることを思いついたのだそう。現在はアヴェンタドール・ロードスターが壁に飾られているが、このディアブロVTはひとつの名物展示品として人気を集めていた。



このプロトタイプはプロモーション目的のために製造されたもので、V12エンジンや5段MTギアボックスなどは搭載されていない。しかし、ボディパネルやインテリアはランボルギーニ・ファクトリーで実車同様につくられているため、パネルを市販モデルと交換するということもできるそうだ。



様々な雑誌にも取り上げられてきたアイテムであるため、その分付加価値も高くなるだろう。推定落札価格は公表されておらず、最低落札価格も設定されていない。結果を楽しみにしよう。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事