タグ・ホイヤー創業160周年記念│人気の2モデルが復刻モデルとなり登場

1860年に創業した、スイスの高級時計ブランド、タグ・ホイヤーは今年160周年を迎えた。この特別なアニバーサリーを祝して、1972年に発売された明るい輝きと雅やかさが際立つ「モントリオール」の復刻「タグ・ホイヤー カレラ 160周年 モントリオール リミテッドエディション」を1000本(世界限定)、1960年代の「ホイヤー カレラ」デザインに21世紀の革新的な時計製造技術を融合させた「タグ・ホイヤー カレラ 160周年シルバー リミテッドエディション」を創業年と同じ1860本(世界限定)で発表した。

タグ・ホイヤーは160年の歴史の中で数々の変遷を経験するとともに、最先端の時計作りの中で革新や開発を熱心に追い求める姿勢を貫いてきた。そんなブランドが誇る最も優美なクロノグラフ、「タグ・ホイヤー カレラ」コレクションは、今年特にフィーチャされるコレクションのひとつである。

1972年に発売された「モントリオール(品番 110503W)」は明るい輝きと雅やかさが際立つホイヤーの自動巻クロノグラフ コレクションに付けられた名前。そのモントリオールが、限定1000本でエレガントな39mmの タグ・ホイヤー カレラのデザインで華々しく復刻した。12時位置には「ホイヤー」ロゴを配している。ブルーの「アジュラージュ」が特長の3カウンターを配するこの特別なタイムピースのマットホワイトダイヤルに結集している。時位置にあるクロノグラフ アワーカウンターは、1から5、10から15、20から25までのびる3本の曲線と中央の分針と時針にイエローのスーパールミノバ®が塗布されている。中央のクロノグラフ秒針はくっきりと違いが分かる大胆なレッドのラッカー仕上げに。



ダイヤルは、ドーム型「グラスボックス」のサファイアクリスタルで保護されている。ブルーのアリゲーターレザーストラップと組み合わされたポリッシュ加工のタイムピースは、ダイヤルのちょっとしたカラーがよく映えるデザイン。革新的なキャリバー ホイヤー 02とそのローターがサファイアクリスタルを通して透けて見えるケースバックには、リミテッドエディションとシリアル番号が刻印されている。

このアニバーサリーにふさわしい1つ目のモデルはブルーの3カウンターとスターバーストを彷彿させるシルバーカラーのダイヤルでよく知られた、1964年作のモノクロームシルバーダイヤルモデル「2447S」と呼ばれるモデルの復刻「タグ・ホイヤー カレラ 160周年シルバー リミテッドエディション」だ。



このモデルが、最新の技術を駆使した自社製ムーブメント ホイヤー02を搭載し新しく登場。永劫の優美さをたたえたダイヤル、ポリッシュ加工を施したケースやプッシャーなど、オリジナルの優れたデザインエレメントが数多く採用されている。一方でシェープはわずかに異なり、オリジナルでは36mmだったケース径が39mmに、また1963年に採用された「バルジュー72」と今回採用している「キャリバー ホイヤー02」ムーブメントの構造の違いにより、9時位置にあった永久秒針が6時位置に置き換えられている。ケースバックには「One of 1860」と「LIMITED EDITION」の文字が刻印されている。

もう1つの変化はセンターの時針と分針。面取り加工が施され、ベージュのスーパールミノバ®が塗布された。ダイヤルにはカレラの名前と「ホイヤー」のロゴがくっきりとプリントされており、その上をドーム型のサファイアクリスタルが覆って、オリジナルの「ホイヤー カレラ」を彷彿とさせる仕上がりとなっている。ねじ込み式のサファイアクリスタルから鑑賞できる新デザインのローターには、アニバーサリーエディションを表すラッカー仕上げのエングレーブが施されているほか、パッケージも特別仕様だ。


タグ・ホイヤー カレラ 160周年 モントリオール リミテッドエディション製品概要
Ref: CBK221B.FC6479 2020年7月中旬発売予定・2020年6月25日21:00より公式オンラインブティックにて先行発売開始 / 73万円(税別)
ステンレススティール製ケース / ホワイトオパーリンダイヤル / ケース径39mm /  時、分、秒表示、クロノグラフ / ブルーアリゲーターストラップ


タグ・ホイヤー カレラ 160周年シルバー リミテッドエディション製品概要
Ref: CBK221B.FC6479 2020年7月中旬発売予定・公式オンラインブティックにて先行発売中 / 69万5000円(税別)
ステンレススティール製ケース / シルバーサンレイダイヤル / ケース径39mm /  時、分、秒表示、クロノグラフ / ブラックアリゲーターストラップ

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事


RELATED関連する記事

RANKING人気の記事