ホテル王セザール・リッツのサービス哲学を受け継ぐ、国際的なホテルグループ、リッツ・カールトンの日本第一号として、1997年に開業したザ・リッツ・カールトン大阪が2017年5月23日(火)に20周年を迎えた。

開業当初からのインテリアコンセプトである「18世紀の英国貴族の邸宅」はそのままに、総額約12億円を投じて今年1月16日(月)より着工した全291の客室およびクラブラウンジの全ての改装が完了。クラブラウンジと、スーペリアルーム、デラックスルーム、ジュニアスイート、エグゼクティブスイート、さらなる贅の極みを尽くしたザ・リッツ・カールトン・スイートを含む全客室を一新、より現代のライフスタイルに合わせた都会的なイメージへと進化した。

resort_170619_RitzCarltonOsaka (2).jpg

クラブフロア滞在ゲストのためだけの特別な空間であるクラブラウンジは、改装前から約1.2倍に増床。都会にありながら「英国貴族の隠れ家」を実現し、エントランス、リビング、バー、ダイニング、フード・プレゼンテーション・エリアの5つの空間で構成され、その時々の気分に合わせて好きな空間を選ぶことができる。伝統的英国アフタヌーンティーはもちろんのこと、朝食、昼の軽食、夕食前のオードブル、ナイトキャップ&デザートの1日5回のフードプレゼンテーションで卓越したカルナリー・エクスペリエンス(食事を通じた体験)を提供する。

resort_170619_RitzCarltonOsaka (3).jpg

今回の全改装完了に伴い、6月15日(木)より、36階、37階に位置する2室の最高級スイート、"ザ・リッツ・カールトンスイート(※)"がクラブアクセス付きで提供される。233平方メートルもの広さと大パノラマビューを誇るこのスイートは、伝統的で豪華な調度品を残しつつも、明るいブルーを中心に上品なシャンパンゴールドやボルドー色を配した内装となっている。

※ザ・リッツ・カールトンスイート:1泊85万円、消費税・宿泊税・サービス料別。料金には、ドン・ペリニヨンのボトル1本とフルーツプラッター、花の装飾、チョコレートのターンダウンアメニティ、名前の刺繍入りパジャマ、24時間バトラーサービス、クラブラウンジへのアクセス、4~8歳のこどもを対象に客室内でテントなどを設置するプログラム「リッツ・キッズ®ナイトサファリ」が含まれる。

resort_170619_RitzCarltonOsaka (4).jpg

ザ・リッツ・カールトン大阪
予約・問い合わせ
TEL:06-6343-7000 (代表)
URL:www.ritz-carlton.co.jp

RECOMMENDEDおすすめの記事