180hpを発揮するアストンマーティンの100台限定バイク│サーキットでテストをスタート

Aston martin

アストンマーティンとブラフ・シューペリアが共同開発したモーターサイクル、AMB 001の包括的なテストプログラムが、フランスのポーアルノス・サーキットで開始された。

AMB 001は、サーキット専用に設計・開発されたモーターサイクルで、その生産台数はわずか100台に限定されている。

アストンマーティン・エグゼクティブ・バイス・プレジデント兼チーフ・クリエイティブ・オフィサーのマレク・ライヒマンは、次のように述べている。「私たちは現在、新型コロナウイルス感染症の影響による非常に困難な状況に直面していますが、AMB 001の開発に携わった全スタッフの素晴らしい仕事により、大きな進歩を遂げることができました。この特別なモーターサイクルは、弊社の製品ラインアップと同様に、美しいデザインと最先端のテクノロジーを融合し、コレクターの方々が誇りに思える製品に仕上がっています。サーキット内外のテストでこのモーターサイクルをさらに進化させ、この極めて魅力的なマシンの生産が始まる瞬間を今から楽しみにしています」

プロトタイプによるテストは、開発プロセスの最も重要な要素となっている。このテストでは、開発チームが、シャシーの形状、エルゴノミクス、走行特性などを検証する。アストンマーティンのビークルダイナミクス・エンジニアが、テストによって車両のあらゆる特性を“読み取る”のと同様に、ブラフ・シューペリアのテストライダーも、モーターサイクルの全体的な挙動、コーナリング特性、ブレーキ、加速といった、パフォーマンスのすべての領域をフィードバックする。



ブラフ・シューペリア最高経営責任者(CEO)のティエリー・ヘンリエットは、開発プログラムが順調に進行していることに関して、次のようにコメント。「AMB 001のデザインにおける大きな特徴の1つは、カーボンファイバー製タンクの全長にわたって設置され、サドルの下を通って後方へと伸びているアルミニウムフィンです。フィンを保持しサドルをサポートするボディには、フランスのエンジニアリング企業であり、今回のプロジェクトに参加しているMecano IDの専門知識が活用されている。彼らは、航空宇宙産業で採用されている高度なカーボンファイバー技術を、AMB 001に適用したのである。



サーキットにおけるテストの焦点はシャシーに当てられているが、開発プロセスを合理化するために、エンジンのベンチテストも並行して行われている。AMB 001は、量産モーターサイクルとしては非常にユニークな、ターボチャージャー付きのエンジンを搭載している。その最高出力は180hpに達するという。ターボチャージャーのパッケージにはインタークーラーも含まれている。大きなインテークマニホールドを備えたその印象的なラジエーターにより、このVツイン・ユニットは、スーパーカーのエンジンのような外観を特徴としている。

テストプログラムの完了後、AMB 001は、今秋からフランスのトゥールーズにあるブラフ・シューペリアの工場で生産が開始される。100台が限定生産されるこのモーターサイクルの希望小売価格は、10万8000ユーロ(約1307万円 ※20%の付加価値税を含む)。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事