40年以上閉じ込められていた ?! │貴重な5台のアルファロメオが発見され再び陽の光を浴びる

LBI Limited

アメリカ・ペンシルベニア州の中心地で、40年以上も放置されている5台のアルファロメオが発見された。

これらのアルファロメオは、かつてのオーナーが忘れ去っていたわけではなく、隠すために納屋の中に40年以上もしまい込まれていたそうだ。見て分かる通り、ホコリまみれになっているがそのラインナップはアルファロメオファンにとっては堪らないものだろう。



1967年 ジュリア、1969年 ベルリーナ、1976年 アルフェッタ、1962年 ジュリエッタ スパイダー、1959年 ジュリエッタ スプリントというものだ。1978年が最後の走行であったと確認されている。3台と2台で、2つの納屋に分けて保管していたそうだ。ジュリア、ベルリーナ、アルフェッタが隠されていた納屋に関しては、扉を開けると柵が立てられまるで牢屋のようにされており、簡単に車を出せるようなものではない。オーナーは、完全に隠しておくことを目的としていたということが伺える。ジュリエッタ スパイダーとジュリエッタ スプリントがしまい込まれていた納屋は、シャッターが下ろされていた。



内装など一部破損は見られるものの、いずれもオリジナカラーやハードトップなどは残っておりレストアする価値は充分にあるだろう。それぞれの車について価格は公表されていないが、新しいオーナーの元では綺麗な姿へと戻り、隠されることなく、思う存分走らせてもらえることを願うばかりだ。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事