ティファニー インフィニティーコレクションの販売利益100%をCOVID-19復興のため寄付すると発表

ティファニーは、ティファニー インフィニット ストレングス キャンペーンと題して、2020年7月1日から8月31日までの間にティファニー インフィニティコレクションの全世界での販売利益100%の寄付を行うと発表した。すべての販売利益は1945年に創立し、全世界の貧困と戦う主要な人道支援組織である“CARE”へ寄付され、特にCOVID-19の影響を受けたコミュニティや、社会的弱者への財務回復に当てられるという。

Tiffany & Co.のチーフ・サステナビリティ・オフィサー、アニサ・カマドリ・コスタは以下のようにコメントしている。
「このキャンペーンを通じて、お客様はティファニーと共に、強さと希望のメッセージを広めることができます。“ティファニー イニフィニット ストレングス キャンペ ーン”は、COVID-19の影響を受けた最も弱い立場にあるコミュニティに支援を提供するという当社のコミットメントを反映するものです。世界が前進を目指し始める中、そうしたコミュニティの復興はきわめて重要です」  
 
 また、CAREのミシェル・ナン理事長兼CEOは、「CARE は、ティファニー イニフィニット ストレングス キャンペーンでティファニーと協力できることをうれしく思います。これは、危急の時における重要なパートナーシップであり、こうしたアイコニックなパートナーと足並みを揃えることができることを誇りに思います」と話し、両者の向かう方向性を示した。 
 
なお、今回対象となるコレクションとなったのは、ティファニー インフィニティコレクション。その名前の通り、無限の力と楽観主義の力強いシンボルをモチーフにしており、揺るぎない絆のタイムレスなモデルだ。ラインナップは、ブレスレット・リング・イヤリング・ペンダントなど豊富に展開されており、カラーも、ホワイト・イエロー・ローズゴールド・プラチナ・スターリングシルバー、またダイヤモンドがセッティングされたスタイルも用意されている。

RECOMMENDEDおすすめの記事