歴史的な価値も持つ「ブルガリ ホテル ローマ」2022年の開業を発表

ブルガリ ホテルズ&リゾーツは2022年、ローマに新しいブルガリ ホテルを開業することを発表した。

ブルガリ ホテル ローマはアウグスト・インペラトーレ広場の中央に建てられ、コルソ通りとバブイーノ通りにあるかのスペイン階段やブルガリ ローマ本店を構えるコンドッティ通りほど近い、カンポ・マルツィオ地区に位置する。

新しいブルガリ ホテル ローマは、CBREホテルズに支援を受けたエディッツィオーネ・プロパティーズが所有する素晴らしい建物を占有する。その建物は、1936年から1938年にかけて建築家のヴィットリオ・バリオ・モルプルゴによってデザインされた、イタリア合理主義建築であり、ローマの最も象徴的な2つのランドマークであるアラ・パキス祭壇と初代ローマ皇帝アウグストゥスの霊廟(*現在リノベーション中)の向かいに位置し黄土色のトラバーチン大理石や赤茶色のレンガなど、伝統的なローマの建築資材や色で強調された、巨大な近代建築物として蘇る。

厳格なイタリア合理主義建築を表現したこの建物は、アントニオ・バレラのフレスコ画によって調和されフレッツァ通りのアトリウムに向かい、アウグストゥス廟を様々な角度から眺められる造りになる。南側はローマ創立における神話を独自に解釈した、フェルッチョ・フェラッツィの70㎡のモザイク画が飾られている。

世界中にあるブルガリ ホテルと同様、イタリアの建築設計事務所 アントニオ・チッテリオ・パトリシア・ ヴィールが建物の復元と新しいブルガリ ホテル ローマのインテリアデザインの両方を手掛ける。100室以上ある客室のほとんどがスイートで構成され、ミシュランスターシェフであるニコ・ロミート監修の 一流レストラン「イル・リストランテ」と「ザ・ブルガリ・バー」はどちらも最上階に位置し、この比類なき永遠の都を一望の中に収めることができるのだ。他にも、室内プール付きの最高級スパやブルガリならではのワークショップトレーニングメソッドが受けられる最先端の設備が整ったジムなど、様々な施設も用意されている。

ブルガリ ローマ ホテルにおけるもうひとつのユニークな特徴として、貴重なジュエリーの歴史を辿る書物の コレクションなどがお楽しみいただける読書室も。ビジターも予約制で利用可能だ。

建物の正面には、見事な青銅の噴水があり、その一部には、ラテン語で「皇帝アウグストゥスの魂が宿る地」と刻まれている。それは、アウグストゥスの独特な美的センスと惜しみなく注いだ建築への情熱を意味し、彼自身が、歴史的一時代を築き上げ、それを定義づけるに建築が必要不可欠な文化的要素であるとしたもので、その考えはこの度のリノベーションの原点となった。

このブルガリ ホテル ローマと皇帝アウグストゥスのヴィジョンにおけるユニークな繋がりは、ローマ帝国で使用されていた石の精密さとバランスの取れたインテリアデザインによって強調され、シンプルかつ堅牢な作りは、建物の背景とは対照的で豊かな質感をもたらす。この歴史的な試みと長期に渡るコミットメントの継続を祝福し、ブルガリは、アラ・パキス祭壇の点灯システムの改修時に、環境に配慮した点灯システムの提供とその他、アウグスト・インペラトーレ広場修復のためのサポートを約束する。

様々なものをうまく取り入れ、形作られてきたローマの遺産とコンテンポラリーで時代を超越してきたブルガリのスタイルが融合した、新しい「ブルガリ ホテル ローマ」は、そのブランドが生まれた、比類なき壮大な土地を祝い、ユニークかつ燦たる環境でゲストを迎える。

「私どもは、このようなとても素晴らしいロケーションにブルガリ ホテル ローマをオープンできることをとても誇りに思います」とブルガリ・グループ最高経営責任者 ジャン-クリストフ・ババンは述べ、次のように言葉を続けた。「ブルガリにとって、創設の地であり、現在もブランドの核となっている地、ローマの中心にわたしたち自身の「神殿」となるべくホテルを2022年に開業できることは、目覚ましい功績であります。ローマで最も贅沢なおもてなしをご体験ください」

 「公的、私的問わず、この重要なプロジェクトに関わってくださる、すべての関係者の皆様と共に、エディッツィオーネ・プロパティーズとその活動の重要拠点であるローマに世界クラスの大規模な不動産投資を計画、実行できたことを誇りに思います」とエディッツィオーネ・プロパティーズSpa CEOのマウロ・モンタニェール氏は述べている。


https://www.bulgarihotels.com/ja_JP/

RECOMMENDEDおすすめの記事