8年ぶりのフルモデルチェンジ│新型 アウディQ3とQ3 スポーツバックを発売

アウディ ジャパンは、8年ぶりに第2世代へとフルモデルチェンジしたプレミアムコンパクトSUV 新型 Q3、およびアウディ初のコンパクトクロスオーバーSUV 新型 Q3 をスポーツバックを発表した。8月19日より販売開始となる。

Q3/Q3 スポーツバックは、Qファミリー専用にデザインされたオクタゴン(八角形)のシングルフレームグリルやシャープなLEDヘッドライト、大型のエアインレットと特徴的なバンパーにより力強くスポーティな印象へと生まれかわった。前後のブリスターフェンダーや彫りの深いサイドのロワーラインなどにより、SUVならではの力強さを表現している。またQ3よりも全高が約4.5cm低く、クーペのエレガントさを備えたアウディブランド初のコンパクトクロスオーバーSUV Q3 スポーツバックもラインアップに加わったことにより、Q3は2つのボディー形状と、直噴ガソリンエンジンTFSIに、新設定の直噴ディーゼルエンジンTDIを加え、ユーザーのさまざまなライフスタイルに対応する。



インテリアにも、オクタゴンのシングルフレームグリルをモチーフとしたデザインがインストルメントパネルに配されている。アウディの上位モデルから受け継がれた10.25インチのフル液晶ディスプレイ式デジタルインストルメントクラスターやタッチスクリーンを備えた MMIなどにより、スタイリッシュで先進的なデジタル体験を提供。また、さまざまなセーフティ機能やドライバーアシスタンスシステムを搭載する。

また、約4.5 mの扱いやすい全長でありながら、旧型比で75mm長くなったホイールベースにより広い居住空間を確保。後席のヘッドクリアランスも、新型Q3は旧型比で7mm拡大、クーペスタイルのQ3 スポーツバックでも十分なスペースを確保している。ラゲッジスペースは通常時で70リッター拡大し、530リッターというクラストップレベルの収容力を誇る。リヤシートは前後スライドやリクライニングが可能で、リヤシートを格納すれば最大1525リッター (スポーツバックは1400リッター) までスペースを拡大できる。フロアボードは高さの変更が可能で、フロア下にリヤパーセルシェルフを格納できるなど、さまざまなアレンジが可能となっている。



ボディは、軽量化と高いボディ剛性を両立している。エンジンは従来の1.4 TFSIを進化させた新開発の1.5 TFSIと、クリーンディーゼルの2.0 TDIの2種類を用意。1.5 TFSIは、より高圧の直噴システムの採用などにより最高出力 150ps、最大トルク 250Nmを発揮する一方、気筒休止システムのシリンダーオンデマンド (cod) により省燃費を実現している。一方、2.0 TDIは 340Nmもの強力なトルクと低燃費性を両立。いずれもトランスミッションには7段 Sトロニックを採用。2.0 TDI搭載モデルには、電子制御式油圧多板クラッチを用いたquattro(クワトロ)フルタイム四輪駆動システムを組み合わせることで、安定した加速とコーナリングなど優れた走行性能を実現しているのだ。

アウディ ジャパン代表取締役社長 フィリップ・ノアック氏は、「すでに300台以上の予約注文をいただいており、良い流れとなっています。下半期も好調になることでしょう。新型コロナウイルスの影響を受けたプロモーションの新たな取り組みとしては、Q3は特に若い人を対象としていることもあるので、Eコマースやオンラインを活用していきたい。新しい取り組みを出来ることが楽しみです」とコメントしている。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事