暗号だらけのロールス・ロイス ?! │冒険心くすぐられる特別仕様車を発表

Rolls royce

ロールス・ロイス・コレクションカーは、芸術とスキルを詩的に表現したものであり、熟練したデザイナーの手によって構想されている。最高級の素材と最新のアプリケーションのみを組み込んだロールス・ロイス・コレクションカーは、創造的な情熱と技術的な正確さを持つ。

新しい"レイス・クリプトス・コレクション"では、1人の設計者が持っていた暗号化への情熱が、レイスを複雑で秘密を含むデザインへと導いた。わずか50台のみ生産されるレイス・クリプトス・コレクションは、複雑な暗号の迷路をその魅力的なファサードに組み込んでいるのだ。

この車は暗号が至るところに組み込まれており、乗る人を発見と陰謀の旅へと導く。まったく暗号が分からない人にとっては、それらの暗号模様は純粋に車を魅力的にするためのデザインとも見えるかもしれない。しかし、暗号を良く知る人や、鍵を握っている人にとっては、楽しい冒険になるだろう。

組み込まれているコードは機密情報であり、正解を知っているのはデザイナーと最高経営責任者の2人だけだという。クライアントは、ロールス・ロイスのアプリケーションWhispersを介して、導き出した答えを提出することができる。



暗号解読の旅は、ボンネットのスピリット・エクスタシーから始まる。緑のエナメルのディテールが施され、その土台には暗号が刻まれている。暗号はダッシュボード、ヘッドライナーにも刻まれており、車内は独特な雰囲気が漂っている。さらに、レイス・クリプトス・コレクションのエクステリアカラーは、太陽光の下でのみ、ブルーとグリーンの雲母フレークが現れる。この効果は、2工程で行われるハンドクラフトが可能にさせている。上層は新しく生み出されたクリプトス・グリーンで塗装され、下層はダーク・グレーが影として機能する。



ロールス・ロイスのビスポークデザイナー、カトリン・レーマンは次のようにコメント。「"クリプトス"の名前は古代ギリシャ語に由来し、目に見えない、隠された、コード化された、神話的なものを意味します。暗号は数千年に渡って追跡でき、心の想像力を捕ら続けます。私はデザイナーとして、シンボル、ピクトグラム、および暗号を使用して、ごく少数のエリートだけが理解できるメッセージを通信できるという概念に常に魅了されてきました」

ロールス・ロイス・モーターカーズCEO、Torsten Müller-Ötvösは、「レイス・クリプトス・コレクションは、一見すると、ダイナミズムの声明です。よく調べてみると、一連のメッセージがユニークなロールス・ロイスに隠されています。購入した人の誰かがコードを解明するかを楽しみにしています!」とコメントしている。

オクタン編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事