限定50台!生産終了となるアウディ TT ロードスターのファイナルエディション

Audi

アウディは、プレミアムコンパクトスポーツ アウディ TT ロードスターをベースに内外装の機能や装備面を充実させた限定モデル アウディ TT ロードスター ファイナル エディションを設定し、全国のアウディ正規ディーラーを通じて、9月15日より販売を開始する。

初代アウディ TTは、1998年に誕生した。コンセプトカーを忠実に再現した、円をモチーフに直線と組み合わせたシンプルかつ先進的なスタイリングは、当時の自動車デザインに大きな衝撃を与えたといえる。それは、世界的に有名なドイツの造形芸術学校、バウハウスのデザイン思想を彷彿とさせるものとして、今なお語り継がれている。それから約22年間、TTシリーズは3世代に渡って進化を続けてきたが、2020年でTT ロードスターが生産終了を迎える。

このファイナルエディションは限定50台。クワトロモデルであるTT ロードスター 45 TFSI クワトロをベースとしている。搭載する2リッター直列4気筒ターボエンジンは、230ps/370Nmという高出力を発揮。余裕のある優れたドライビングフィールと高い環境性能を両立している。



2019年に発売された世界限定車 “TT 20 years”との共通のアイテムをはじめ、初代TTを彷彿とさせる特別装備が多数採用されている。外装色はTT ロードスターのコンセプトカーに採用されていたドロミテグレーを彷彿とさせる専用色のナノグレーメタリック。また、初代TTのホイールを意識したシンプルなデザインの専用5スポーク19インチアルミホイールを組みわせている。

そのほか、電動調整機能ボルスター付Sスポーツシート、アームレスト、センターコンソール等をイエローステッチの入るブラウンのモカシンレザーで統一。ドリフトアンスラサイトのデコラティブパネルの採用のほか、シートサイド゙&センターコンソールにはアンスラサイトファインペイントフィニッシュが施される。これ以外にもアウディサイドアシストやリアビューカメラ等の運転支援システムを含むコンフォートパッケージやマトリクスLEDヘッドライト、エアスカーフ、初代TTのインテリアパーツを手掛けたBang & Olufsenのサウンドシステムなど、最終限定モデルにふさわしい極めて希少価値の高い内容になっている。



また、アウディ・ジャパンは、昨年8月よりバウハウス100周年を機に開催されている巡回企画展「開校100年 きたれ、バウハウス —造形教育の基礎— 」に協賛している。その最終展が、東京ステーションギャラリーにて2020年7月17日(金)~ 9月6日(日)まで開催される。

オクタン日本版編集部

RECOMMENDEDおすすめの記事